2011年11月4日 (Fri)

自転車の居る場所 



近頃、東京辺りで自転車の取り締まりが強化されてニュースの話題になってる。
映像を見ると、ありゃ確かにひどい。
以来、自転車乗りに対する風当たりが強くなってきた感じ。。。

先日、後輩が俺に愚痴をこぼした。

「今朝、出勤する時にですよ。前からリードを歩道いっぱいに伸ばして犬を散歩させてるおじさんが居たんです。」

彼は、通勤時間帯で交通量が多い道路で、危険を回避するために自転車通行可の歩道を自転車で走行していた。

「だから、歩道の車道寄りに止まって通過を待ってたら、おじさんが『自転車は車道じゃないの~』って言いながら通っていたんですよ。」

彼の行動は、道交法で定められた自転車の通行要領通り。
何の文句も言われる筋合いはない。
どちらかというと、リードをめいっぱい伸ばして歩道を占有していたおじさんのマナー違反じゃなかろうか。


俺的には、自転車は完全に車両でかまわないと思う。
歩道を走ってくる郵便配達のバイクに驚くように、自転車が歩道を走ってくる事を驚いてもいい。

たいていの道路は、自転車が走ることを前提に作られていないってのも問題だな。
自転車に乗る者も、歩行者並みに何でもありだと思っているのも問題。

車の運転者も自転車が邪魔だと認識している現状では、物的にも心的にも共存は無理なんだろうなとも思う。
遅い・・・ホントは本来の速度で走ってるのに、自分の走りたい速度より遅いってだけでイライラしちゃう輩には絶対理解できまい。


要するにだ。
日本における自転車の存在が曖昧すぎるって事だ。
過去に、自転車が歩道を走れる規則にしてしまった事が原因だね。
歩道を走るために作られた ママチャリ は便利だが、きわめて間違った発想の自転車だ。


先日、青森市内を車で走っていたら、信号で隣に止まったトラックの荷台に「自転車の走る場所を作っています」と書かれた看板が工事機材と一緒に乗っていた。

青森県じゃ、冬は道路の端に除雪のためのスペースが必要だし、雪が降れば自転車は乗れないんだから、冬は雪寄せスペース、雪が無くなったら自転車レーンで良いもんね。

そんな道路が増えるといいな。


2011-11-04 22:38 in ロードバイク | Comments (0) #
コメント














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/10929/blog/blog.cgi/c7/a201111042238.trackback