2016年10月16日 (Sun)

宿敵ベイトリール 


子供の頃からベイトキャスティングリールってのに憧れていたんですが、バックラッシュという壁に阻まれて使いこなすことができずにいました。

シーバス用のベイトロッドを買い、何度か投げてみたけど、釣りをしているよりバックラッシュ直してる方が時間が長い・・・

ずっとダイワのリールを使い続けてきた俺ですが、デジタルコントロールがスゲーってんでシマノのリールを買ってみたりしたんだけど、やっぱり使いこなせなかった。

そんな俺が今年からブラックバスに参戦。
バスと言えばベイトでしょーっていうね。

性懲りもなく、またベイトリールを買ってみたわけですよ。
なにやら最近のダイワはマグフォースブレーキがかなり進化したって言葉を信じて。

投げてみましたよ。はい。
最初はね。例によってバックラもしましたが、慣れてくると普通に使えちゃうようになりました。
調子に乗って、投げるルアーの種類に合わせてベイトロッドが3本になりましたが、それぞれの特性に合わせた3台のベイトリールとも問題無く使えるようになりました。

こうなると、かねてから気になっていたダイワのメバルロッドとして新発売された月下美人MXのベイトロッドが使いたくなってきちゃう。
リールはソルト対応の軽量リグ向きモデルとして発売されたアルファスAIRの組み合わせですな。



夜釣りではルアーの着水とかリールの状態がわからないので、灯りのある防波堤でスタート。
餌釣りの人もいたので、邪魔にならないように内側の小魚しかいないような所で、いろいろとルアーを変えながら試してみました。
1gのジグヘッドも一応投げれちゃった。 まぁ、実用レベルとは言えないけどね。
ハードルアーに関していえば2gクラス以上の物なら普通に使えちゃいそうです。
軽量リグを考慮して細めの4ポンドラインにしてたんだけど、これちょっと細すぎた。

食事がてら、釣りを中断して近くの釣具屋で6ポンドのラインを買って漁港で巻き替え。
糸が太いと空気抵抗で飛距離が落ちるんですが、ぜーんぜん問題無し。
まだ、細かなブレーキ調整とかやってみる余地はありますが、しばらくは、このセッティングでやってみようと思います。
2016-10-16 12:08 in 釣り日記 | Comments (0) #
コメント














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/10929/blog/blog.cgi/c5/a201610161208.trackback