2016 06月 26日

びゅーびゅー


今週は大雨と強風で釣りは無理!
風がなければ磯に行きたいと思っていたんですけどね。残念。

日曜の明け方に風が治まる時間帯があったので、ちょっと行ってきました。

西の空が明るくなり始めた頃に家を出て、準備をしたらちょうど明るくなってきた感じでした。
荒天のせいか、沼にはだーれもいない。
ちょっと寂しいなーと思いながら、一人で沼に漕ぎだしました。

先週、好調だったカバーから入ってみたけど、軽いショートバイトが1回あっただけ。
あまり活性が良くないのかな? とか思いつつ、奥の方にある浮島に向かうと途中のオープンウォーターで泡がぷくぷく。

ん? 魚なのか、湧水からの気泡なのか?
とりあえず投げてみる。
話題のベイトフィネスを意識して持って来てみたロックフィッシュ用のベイトロッドにノーシンカーのワーム。

巻いてきて、泡の出てた辺りを通過して、ダメかなと思ったらコツコツっと来た。
活性が低いワケではないのね。



この辺りで25cm前後クラスをぽつぽつ。
明け方の無風は、エサを漁りに出てくるんですかね?

その後、先週の釣行で大き目の魚を掛けたポイントへ。
島の間にある狭い水道なので、慎重に接近。
ちょっと風が出てきたから、風に流されないようにフィンを上手く使って最適のポジションをキープ。
魚が付いているであろうポイントにピンポイントのロングキャスト。
これがまたうまく決まっちゃった。

上げてみれば29cm。
計測して写真を撮ろうと思ったら急に暴れて逃げられちゃった。
フローターは、こうゆうのに気を付けないとイカンね。

風が強くなる前に移動。
進入口は風上側なので、帰れなくなるとヤバいからね。

いつもボートの人が入っている南側の岸に接近。
人気の場所なんですかね?

今日も知らないウチに来ていたボートさんが入ってました。
手前のカバーエリアから撃っていきます。
風でキャストが決まらない・・・あら、木に引っかけちゃった。

引き抜こうかと思って軽く引いてみたら、水面からワームがぴょこっと出てきた。
お! これは!
釣り番組でバスプロさんが、こうやってぴょこぴょこさせて釣るよなぁ…と思って真似してみる。
5回くらいツンツンしてみたら水面下からバスが飛び出した!

おー! マジで来ちゃったよ。

とか感動しつつ、枝に引っかかったラインはどうなるのかねーと心配したら、パキーンと音を立てて枝が折れた。
枯れ枝だから弱いのね。
ってなわけで無事に回収。
と思ったら、フックを外したとたんに魚が暴れてプライヤー落としちゃった。
わーって慌てて魚まで離してしまった。。。

気を付けなきゃいかんとあれほど・・・。

風が本格的にヤバくなってきたので戻ろうかと思ったら、行く手をハスに遮られてた。
ぐるっと大回りする羽目に。
このままでは、強風に向かって進むコースを進まなければならなくなっちゃう。

アカン、風で進まねー。
仕方がないのでオールを使って漕ぎながら、足もパタパタして全力推進で帰ってきました。




オール付きのフローターにしといてよかった。
帰宅後にアメダスで確認したら風速7mほどになっていたようです。
予報より早く強風になってたみたい。

風には気を付けよう。
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除