2016年5月5日 (Thu)

自己ベスト更新 


本格的にメバリングを始めて3年目。
後輩数人がメバルを始めたいってんで、ちょいちょい連れて歩くようになりました。
自分たちでも行けるようにと、比較的近場の有力で安全な場所に連れて行くようにしていたんですが、今回は連休ということもあって2人の後輩を連れて少し遠出。

県内でも人気のポイントに行ったんですが、ちびメバルは釣れるものの大型の反応はイマイチ。
潮がいいわけでもないので、時間的な問題かと思っていたんですが、上げ7分に入っても状況は好転せず。

別の場所に行ってみようかと移動を開始。
目指した場所の手前にある漁港に立ち寄ってみたけど、やっぱりちびメバルばかり。
30分ほどで諦めて移動。

以前から当たりはずれのある漁港なんですが、港内はやっぱりちびメバル。
防波堤に上がって表側を狙ってみると、いきなり強い引き。
26cmのメバルが来ました。



湧き上がる後輩。
投げるたびにアタリがあり、20cmオーバーを連発。

場所を後輩に明け渡し、他のポイントを探ってみますが内側防波堤の先端がちょっと良い感じかな。

高所恐怖症の後輩が防波堤先端に移動。
彼も、ここで26cmをヒット。

一番若い後輩は、20cmを上げるものの、技術的に厳しいのか攻めあぐねている感じ。
少しコーチしてみたけど、やっぱり難しいポイントかなぁ。

あっちが釣りやすいよと、高所恐怖症くんに連れられて防波堤先端へ。

二人が移動したので、元のポイントで投げてみると、相変わらず好調。
いい感じで、20cmクラスが出ます。

そんな時、ちょっと大きなアタリ。
ガンガンガンと引き込まれ、テトラに入られて根ずれでラインブレイク。
こりゃ、デカいのいるぜ。

リーダーの番手を上げて、同じジグヘッドと同じワームを付けて再投入。
ばらしちゃったし、しばらくは無理かなーと思っていたら、コンコンコンと手応え。
軽くテンションを掛け続けるとキュンと喰い込みました。
同時に強い引き。今度は潜られないようにと思ったけど、ドラグを引き出してグングン突っ込む魚。

あーテトラ入られた―。

ヤバイと思って、ツンツンと引いた後、一度テンションを緩めて間を開けて、引き抜く方向にギュッと引くとズリズリっと抜けてくる感触。
再び強力な引き。少しドラグを締めて足元まで寄せる。
タモの届く高さではないから抜くしかない。
竿を下げながら出ているラインを短くしようと思うんだけど、クロダイかよって感じで潜り込もうと抵抗。
何とかごぼう抜きできる長さまでラインを巻き取り、慎重に抜き上げる。




計測すると27cmでした。
尺まであと3cmだけど、めっちゃうれしい。

40cmを超えるクロダイを何匹も釣ってきたのに、なんで27cmで嬉しいんだろうね。
メバリングって、なんか楽しい。

後輩たちも、そこそこ釣ったし、いい釣りができたみたいでよかった。
2016-05-05 00:27 in 釣り日記 | Comments (0) #
コメント














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/10929/blog/blog.cgi/c5/a201605050027.trackback