2015 05月 17日

長距離偵察


連休中に1度くらい行きたかったんだけど、結局行けずに終わってしまった下北メバル。
後輩がメバルをやっていると知り、引き連れて行ってきました。

とりあえずは実績のあるTKD漁港。
一番やりやすいポイントにはエサ釣りをしながらワームを投げている人が占領しているので、藻の密生するポイントで開始。
ちびメバルの生育状況を確認して、防波堤先端へ向かって釣りながら前進。
あまり良い反応は得られないものの、15cmクラスを数匹ヒット。



予報では3m程度のはずだった風が強くなり、ちびメバルの乱舞する最初のポイントに戻って藻の隙間を攻めるも、15cmクラスが精いっぱいでサイズアップできず。

移動を決意し、先の漁港を見に行くも風の影響が大きく断念。
戻る方向へ移動。
冬場は生体反応のなかったKNM漁港に入って、状況を見ようと岸壁の角をライトで照らしてみると大型がゆらゆら。
ビックリしてライト消灯。すぐに竿を出してみる。
他にも大き目は居そうだけど、ちょっと攻めきれなかった。
サイズ的にはTKD漁港と同程度のメバルを数匹釣っただけでしたが、ここにも風が巻き込み始めたのでさらに移動。
ここは、次回に攻め直してみたいね。

道路から見下ろせる位置にある漁港。
前から気になっていたんだけど入ったことがない。
良い感じなんだけどなー。見た目に反して水深がなく、ちびメバルがうじゃうじゃの幼稚園状態でした。

すぐに移動して、クロダイで鯛島へ渡船した時にお世話になった漁港に入ってみる。
水面がざわざわしてて、あちこちで魚がボイル。
ここまでで一番の活性を感じます。
船着き場の真ん中から、二手に分かれて移動しながら調査。
防波堤中ほどは反応が良かったんだけど先端まで行ったら無反応。
どうも港内の方が魚が集まっているみたいですね。
ここで少しサイズアップの20cmクラスをヒット。




サイズアップを期待しながら釣り続けましたが、ちょっと無理っぽい。
数は釣りましたから、二人とも満足して撤収。

距離がありますから、帰った頃にはすっかり明るくなっていました。
時期的にはシーバスが始まるかもしれないなーって時期。
通りがかりでシーバスポイントを覗きに行くと、数人の釣り人を確認。

寝ていないので、そのまま突入はやめたけど、夕方から偵察に行ってきました。
シーバスはおろか、ベイトフィッシュも見当たらない感じ。
まだ、先だなぁ。




エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除