2015年5月1日 (Fri)

連休シリーズ第3弾 


4月30日の釣行です。
ねこ港に入るつもりで出かけたんですが、なんとなくねこ港付近の海浜公園が気になって、こちらで始めてみる事にしました。

普段のタックルボックス&自動膨張のライフジャケットではなく、フローティングベストに必要な物だけ詰め込んで、ランガンスタイルで調査開始。

防波堤で釣っていた仙台から帰省中のお兄さんが、あっち凄いですよと教えてくれた。

はやる気持ちを抑えて、暗くなったら狙えないであろう、海藻の生い茂るエリアを攻撃。
1投目から25cmくらいのアイナメが来ました。
少し移動して、別の海藻エリアで15cmほどのメバル。
着水後すぐに当たってくるから活性の高い事が分かる。

いよいよ防波堤に突入。
先端に陣取るお兄さんの邪魔をしては悪いので、手前から始めてみたら、なるほどいいサイズが出る。20cmクラスが2匹。

これはランガンしている場合じゃないと、一度クルマに戻って通常体制に変更。

数匹のメバルを釣ることができました。最大サイズは23cmでしたが、お兄さんはもう少し大きいのも釣っていたみたい。



暗くなるとアタリが遠のいた感じ。お兄さんと話してねこ港へ一緒に移動。
相変わらず、ちびメバルの中から大きいサイズを拾い上げる感じの釣りではありますが、25cmほどのソイも出てくれました。




10時前くらいに、お兄さんが帰宅。
1人で釣りを続けていると、にわかに海面が騒がしくなってきたのは消灯時間直前。

ぼちゃんと大きな音を立てて魚が跳ねたので、そこへ向かって竿を振った瞬間にライトが消灯。
急に真っ暗になって何にも見えないけど、竿に伝わる感触だけで糸ふけを取り、そこからハンドルを2回転ぐらいしたところでドカンとひったくられるようなアタリ。
すかさず合わせると、ねこ港仕様で強めに締めているドラグがジーっと鳴きました。
ここの足元にはテトラに生える海藻が密生しているので、ドラグを出すとすぐに根に入られちゃうんですよね。
まして真っ暗なので、ひじょーにヤバい感じ。
とりあえず、竿を立てて魚を浮かすことを試みる。
水面直下のせめぎ合い・・・あー海藻に触ってる感じが・・・
ヘッドライトON テトラ際まで寄ってた。

引き上げると25cmのメバルでした。




久しぶりにいい感触でした。

帰る前に、もう一度海浜公園へ。
タックルボックスは持たず、竿とセットしているジグヘッドだけで暗くなってからも釣れるのかチェック。
15cmクラスですが、5投で3匹。じっくり狙えば、数は出せそうなのと、もしかしたらデカいのも出るかも? ってのを確認してきました。
今度は腰を据えて釣ってみよう。
2015-05-01 11:59 in 釣り日記 | Comments (0) #
コメント














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/10929/blog/blog.cgi/c5/a201505011159.trackback