2006年7月16日 (Sun)

入魂 



昨日、鯛島に行ってきました。
デカイの来ちゃったらどーしよぉ・・・とか、思っちゃって・・・
軟らかい銀狼じゃ怖いよなぁ。 まだ、まともに魚を釣ってないんで、得体の知れない竿だもんねぇ。 で、紫電で釣り始め。
40cm弱を2枚釣ったところで、このぐらいならってんで竿を銀狼にチェンジ。 んでもってその時が・・・!

ズゴーンとした感触に最初はこの竿の特徴なんだろうなぁ・・・なんて気楽に思ってた。 こりゃぁ楽しい竿だぁってね。 いやぁ、うかねーなぁ。 やり取りをすっかり楽しんでいたんだけど・・・あれぇ? ホンとに浮かせられないのは竿のせいか? なんと言ったって、ウキが水面から出てこないんだ。 ぼんやり見える程度の所まで上がってきたのに、また突っ込まれる状態を繰り返す。 こりゃいかん。 足元まで寄せると、ハエ根があるんで・・・長さも5m20cmなので引き離しが難しい。 磯際ギリギリまで前に出て、竿を前に出して・・・ようやく浮かせた。

値段の高い、パワフルな竿ってのは楽なんだけど、こぉゆうのって軟調の竿でしか味わえない”楽しさ”だよねぇ。 実際、浮かすのには苦労したんだけど、切れそうだとか、折れそうだとかって不安は無かったなぁ。
マダイやメジナみたいなちゅど~んってのに比べると、クロダイの引きって別物じゃないですか。 じわじわとしたせめぎ合いが磯釣りしてるなぁって感じでさぁ。
竿で釣っちゃうより、腕で釣ってる感じで楽しいです。

銀狼と紫電。 どっちも釣りを楽しむための竿ですねぇ。
2006-07-16 09:46 in 釣り日記 | Comments (0) #
コメント














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/10929/blog/blog.cgi/c5/a200607160946.trackback