2016年5月5日 (Thu)

自己ベスト更新


本格的にメバリングを始めて3年目。
後輩数人がメバルを始めたいってんで、ちょいちょい連れて歩くようになりました。
自分たちでも行けるようにと、比較的近場の有力で安全な場所に連れて行くようにしていたんですが、今回は連休ということもあって2人の後輩を連れて少し遠出。

県内でも人気のポイントに行ったんですが、ちびメバルは釣れるものの大型の反応はイマイチ。
潮がいいわけでもないので、時間的な問題かと思っていたんですが、上げ7分に入っても状況は好転せず。

別の場所に行ってみようかと移動を開始。
目指した場所の手前にある漁港に立ち寄ってみたけど、やっぱりちびメバルばかり。
30分ほどで諦めて移動。

以前から当たりはずれのある漁港なんですが、港内はやっぱりちびメバル。
防波堤に上がって表側を狙ってみると、いきなり強い引き。
26cmのメバルが来ました。



湧き上がる後輩。
投げるたびにアタリがあり、20cmオーバーを連発。

場所を後輩に明け渡し、他のポイントを探ってみますが内側防波堤の先端がちょっと良い感じかな。

高所恐怖症の後輩が防波堤先端に移動。
彼も、ここで26cmをヒット。

一番若い後輩は、20cmを上げるものの、技術的に厳しいのか攻めあぐねている感じ。
少しコーチしてみたけど、やっぱり難しいポイントかなぁ。

あっちが釣りやすいよと、高所恐怖症くんに連れられて防波堤先端へ。

二人が移動したので、元のポイントで投げてみると、相変わらず好調。
いい感じで、20cmクラスが出ます。

そんな時、ちょっと大きなアタリ。
ガンガンガンと引き込まれ、テトラに入られて根ずれでラインブレイク。
こりゃ、デカいのいるぜ。

リーダーの番手を上げて、同じジグヘッドと同じワームを付けて再投入。
ばらしちゃったし、しばらくは無理かなーと思っていたら、コンコンコンと手応え。
軽くテンションを掛け続けるとキュンと喰い込みました。
同時に強い引き。今度は潜られないようにと思ったけど、ドラグを引き出してグングン突っ込む魚。

あーテトラ入られた―。

ヤバイと思って、ツンツンと引いた後、一度テンションを緩めて間を開けて、引き抜く方向にギュッと引くとズリズリっと抜けてくる感触。
再び強力な引き。少しドラグを締めて足元まで寄せる。
タモの届く高さではないから抜くしかない。
竿を下げながら出ているラインを短くしようと思うんだけど、クロダイかよって感じで潜り込もうと抵抗。
何とかごぼう抜きできる長さまでラインを巻き取り、慎重に抜き上げる。




計測すると27cmでした。
尺まであと3cmだけど、めっちゃうれしい。

40cmを超えるクロダイを何匹も釣ってきたのに、なんで27cmで嬉しいんだろうね。
メバリングって、なんか楽しい。

後輩たちも、そこそこ釣ったし、いい釣りができたみたいでよかった。
2016-05-05 00:27 in 釣り日記 | Comments (0) #

2016年4月3日 (Sun)

めばるー


自分の生活も落ち着いてきたので、ちょいちょい釣りに出かけてます。
この時期なんで、メバルですけどね。

先月末の土曜日には、場所によりけりだけど、20cmくらいのはコンスタントに出ました。
最大サイズで24cmだった。

んで、月が変わって4月。
後輩が行きたいっていうので、風の落ち着く頃合いを見計らって出発。

15cmクラスはちょいちょい出たんだけど、あまりサイズは上がらなかった。

これから良い時期に向かっていくと思うので、せっせと行ってみようと思ってます。



2016-04-03 21:04 in 釣り日記 | Comments (0) #

2015年11月23日 (Mon)

イカ釣りにイカないとイカんくコ:彡


陸奥湾でヤリイカが釣れています。
ヤリイカって、よく見かけるアオリイカみたいにエギをビシビシとしゃくって釣るんじゃないんですね。
小さめのエギをあまり派手に動かさない程度にしてフォールで喰わせる方がいいんだとか。
そんなワケで、今シーズンからライトエギングロッドを投入。
なんとなく、面白い釣りができてます。



数は多くないんだけど、時々大きいのが混じったりしてます。

メバル釣りで出会った人が教えてくれたので、ちょっとレベルアップしたのもあるのか、みんながダメって時でなければ一応は釣果を出せてます。

わりとリリースの多い俺ですが、イカは持ち帰っちゃうよねぇ。
最近はクーラーボックスを忘れずに持ち歩いてます。
2015-11-23 22:37 in 釣り日記 | Comments (0) #

2015年7月5日 (Sun)

磯歩きしてきた


陸奥湾にクロダイが入ったというので、トコトコと歩いてきました。
暗いウチからライトを頼りに慎重に磯場を歩くこと25分。
ひんやりとした空気でいいなぁと思ってたら、着くころには汗が噴き出してました。

薄暗い時間に到着し、釣りの準備をしてたら、ちょうど終わる頃にはウキが目視できる程度に明るくなりました。
初めて立つ場所なので、水深を測ったり仕掛けの投入ポイントを変えて状態を確認。
小型のソイがたくさんいるみたいで、バンバン釣れてきます。

なんだかイマイチピンとこないなぁと思っていたら、漁港の方でエンジンの爆音が沸き起こりました。

あー! 今日は場所取りの日か。

時間が決められていて、スタート時間に合わせて漁港の出口に漁船が集結。一斉に全速力で思い思いの場所に向かって加速していきます。






数十隻の漁船が目の前を全速力で通過していきます。
すげー壮観なんですが・・・

立っているのは低い磯。大潮の満潮には水没しちゃうような所ですから、漁船が通過した後がエライことになります。
普段から荷物は少し高い所に置くようにしていたので大丈夫だけど、釣り座に置いているバケツやらタモやらが波に襲われます。
荷物が流されないように気を付けながら、くるぶしを超えるぐらいの波に耐えました。
なぜか、毎年のようにこの日に当たるんだよなぁ。

波が収まったら、潮の流れが変わってしまった。
なんだか釣りづらいので少しだけ移動。
左側に突き出す磯の先端から釣る事にしました。

沖側は流れが速く、内向きは穏やかなワンド。
なんかね。いい感じだな~。ここで出たら楽しいなぁってのが移動した理由。




ね。いい感じでしょ。

タナの調整をしながらここかな~ってポイントを攻めていると・・・来た来た来た。
良い感じでウキが押さえ込まれ、すすすーっと沈んでいきます。
コツンと合わせると重い手応え。
ブンブンと身をよじらせて潜り込み、向きを変えて磯際のハエ根に潜り込もうと横走り。

めっちゃ楽しい。




上がってきたのは40cmのクロダイでした。
いやー楽しい。

その後は、風も出てきて潮も速くなり、ちょっと釣りにくくなってしまった。
居るのは居る感じでしたが・・・昼まで粘ったけど小魚すら消えてしまった。

大人しくしていれば快晴で気持ちの良い日なんだけど、磯の荷物を背負って歩くとなると厳しい日差し。
往路より若干多めの時間をかけて車に帰還。

きつかったけど「ここ楽しそう!」って場所で、納得のいく釣りができたので面白かったっす。
次はもう少し奥まで行きたいな。
2015-07-05 23:19 in 釣り日記 | Comments (0) #

2015年6月14日 (Sun)

ヤマセじゃないとやっぱり活性低かった


前日と同じ場所へ同じ時間帯に入りました。
一番いいと思われる時間帯に入る前に、一番の狙い目ポイントを叩くのもイヤなので防波堤先端のポイントを攻めてみます。

他には誰もいないので、表側、内側、正面を数投ずつしながら、あまり荒らさないように・・・。

でも、出るのはちびメバルばかり。
徐々に暗くなり、沖合でパシャパシャと跳ねる音は聞こえるんだけど、大きくはない感じ。

昨日は帰ろうかと思った頃に出てきたねこさん。
今日は早めに登場です。
相変わらずの足元キープ。風がないと、少し離れた位置で海を見てたりするんですけどねぇ。俺がしゃがんだり、風が吹くと足の間に入り込んできます。



風は穏やかで、時折ビューっと吹くのを繰り返してたんですが・・・あれ?
風向きが変わったぞ。

スマホで雨雲をチェック。帯状に伸びた雨雲が接近中。
直撃は無さそうだし、雷も大丈夫。
そのまま続けてたら、また無風になっちゃった。

昨日、大きいのが出たポイントにキャスト。
反応が・・・ないぞ。
明らかに昨日とは違います。

この地域には、ヤマセって現象がありまして、要するに東風なんですけど、太平洋上から南の暖かい風が吹き込むことで海水と風の間で熱交換が行われ、冷たい風と深い霧が陸地に入り込んできます。
こうなると、漁師さん曰く「フグも獲れねぇ」状態になります。
日本海側の漁師さんも言ってましたから、県内全域で影響を受けるんでしょうね。

昨日はこのヤマセ状態でした。今日は解消。
以前からうすうす感じていたんですが、少なくともねこ港周辺のメバルはヤマセの影響を受けないのではないかと思っています。

昨日はガンガン当たりが出て、20cmオーバーが連発したのに、今日はようやく15cmを引き出すことができただけ。

そんでは、昨日は居た魚がどこへ移動したのか?
探しに行ってみました。

まずはねこ港手前の公園防波堤。
ここは、ねこ港の防波堤がダメなときにでも確実に魚を出せていたポイントがあります。
車からすぐのポイントなので、ちょこっと投げてみると、やっぱり反応は薄い。
22cmと20cmくらいのを釣りましたが、いつもの感じではないってのは明らか。




そこで更に移動して隣の漁港へ。
大きなワンドの最奥にある漁港なんですが、ねこ港とは反対側にある防波堤に行ってみました。

防波堤付け根の常夜灯周辺には小さなメバルがいっぱい。
冬場に覗きに来た時には何にもいなかったんだけどね。
ねこ港から付けっぱなしにしていたシンキングペンシルを投げてみるとアタックはしてきます。
10cmクラスが釣れはしますが、それを狙ってても仕方がないので防波堤先端方向に向かって移動。
並べて停めてある漁船の切れた所から、漁船の際や岸壁沿いからチェックしてみるけど反応なし。

どこからかロッドを振る音が聞こえます。
辺りを見回すと、ねこ港側の防波堤に人影を発見。釣れてるのかなぁ?

その防波堤との間は漁港の出入り口。
比較的広い船道なんだけど、結構早く潮が流れています。

確か、大きいメバルは流れに付いてるとか何かで読んだな。
シンキングペンシルをフルキャストしてみました。
千切れた海藻が引っかかっちゃった。
諦めずにもう一度。

急にずーんと重くなるのを感じたので、またかぁ? と思ったんだけど、今度は何か違うぞ。
生体反応を感じます。

流れに乗ってるので、余計に重く感じたけど、上げた魚は23~4cmってとこですかね。
メジャーを持って行かなかったので測れませんでしたが、俺の手が22cmなんだけど数cmは大きかった。




高い足場で釣っていたんですが、ちょっと重かったので防波堤の下の段に降ろそうと思ったらねこさんが待ち構えてたΣ(゚Д゚)

ここの漁港在住のとらねこさん。
他に黒い子もいるんだけど、どちらも気が付かないウチに少し離れた位置に座っている事が多いんです。

魚を釣り上げる音を聞いて待ち構えていたようです。
おーあぶねーと思い、さらに引き上げて手でキャッチ。
食べられてもいいんだけど、ルアーを付けたままでは危ないからね。

何投かしてみて、数匹を釣りましたがサイズアップしないので終了。
風も強くなってきたしね。

クルマに戻り、荷物を載せて走りだしたら雨が降ってきた。
ギリギリセーフ。
2015-06-14 21:35 in 釣り日記 | Comments (0) #

Page 5/18: « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »