2014年8月24日 (Sun)

ちょろっと


土曜日は、夕方から先輩の送別会に参加。今日は仕事の都合で遠出ができない日だったのでおとなしくしていようと思ったのですが、買い物には行かんとねーってなことでお出かけ。
スーパーのエコバックとルアーロッドを積んで出発。
スーパーとは逆方向に30分ほど走った河口に到着。

シーバス狙いで少しだけね。

数人の先行者が居たので、空いてる場所でちょろちょろ投げてたら急激にズドンと来ました。
重くはないんだけど、小さくもない・・・あんまり暴れない。

何じゃコレ? と思ってたら、上がってきた魚は細長ーいヤツ。



ダツってヤツですね。
メジャーを忘れてきたので手で測ってみると4つに少し足りないぐらい。
俺の手は約23cmなので、70cmちょっとってトコでしょうか。

その後、河口で1回のアタリは乗り切らず。
帰り際に河川部の浅瀬で1回アタック。暴れた拍子に外れてしまったけど、40cmくらいかな? 逃げる魚の姿を見ることができました。

また行こう。
2014-08-24 17:44 in 釣り日記 | Comments (0) #

2014年8月13日 (Wed)

う~む


野辺地港への連続釣行。
先日の釣行では、ちょっと忘れていたんですが、今回はきちんと水温を測ってきました。
2度ほど下がってる。こりゃ、台風でかき回されて下がっちゃったか?

そうは行っても、コマセを打つと魚がうようよと集まってきます。



夕日がきれいでした。太陽の両脇に光が出てました。
幻日ってヤツかな?




2014-08-13 00:04 in 釣り日記 | Comments (0) #

2014年7月27日 (Sun)

始まりましたよ


メバルやシーバスが釣れていた野辺地港に、クロダイが入ってきました。
コマセを撒くと周囲にぴちゃぴちゃと集まる魚が多数。これはサヨリでしょうね。

楽しい季節になりました。


2014-07-27 13:31 in 釣り日記 | Comments (0) #

2014年6月29日 (Sun)

黒岩まで歩くといふこと


青森のクロダイは、5月頃から日本海側で釣れ始め、6月中旬以降になると陸奥湾内でも釣れるようになります。
防波堤や、道路脇の小磯でも釣れるんですが、やっぱり磯で釣りたい俺としては歩く。

6月ならまだいいんですが、夏はタマランっすよ。

釣っていたのはこんな場所。黒岩の先端です。

正面に見えるのは油目崎という岬です。名前の通り、この地域でアブラメと呼ばれるアイナメの名所。
生い茂る緑がまぶしいぜ。



そこから帰るには、下の写真に写っている海岸線を歩きます。
左端から斜めに降りてくる斜面の少し内側に移っている、ぴょこっと出た島みたいなトコが小島と呼ばれる磯。あそこまで約700m程の距離があり、全行程の1/3になります。




小島を超えると、さらにこんな感じ。
左側の海岸線を伝っていくと最初に見える磯場が約半分の距離になります。

やはり、左から下ってくる斜面が海面に接する辺りの岩場が見えますね。
ここが長崎と呼ばれる磯です。




長崎を回り込むと、約700m程続く砂利の浜を歩きます。
クネクネと磯伝いに歩くので、場所によっては日照りで暑く。日陰に逃げれば風が無くて暑く・・・って事になったりします。

荷物は軽くしたいところですが、逃げ場のない磯なので、食糧と飲み物は多めに持っていくようにしています。
日中に歩く場合は、すぐに取り出せるように竿ケースなどにスポーツドリンクなんかを入れておくといいですよ。





2014-06-29 18:57 in 釣り日記 | Comments (0) #

2014年6月15日 (Sun)

かいせつ~


釣場は、深浦町のガンガラ穴です。
駐車場から海に向かって左手にある6~7mの高さに、ぴょこっと立ち上がった岩の手前側。
奥側に回り込めば、広い範囲が狙えるんですが、今回は先行者2人組が入っていたので、ここを選択しました。

潮位が低ければ、足を濡らさずに行ける場所ですが、潮位のある時は膝下くらいまで浸かります。

基本的に砂地の場所なので、小荒れの時は濁りが入りやすいのですが、全体的に大きな湾状になっているので大きく荒れる事は少ない場所です。

実際、大雨と強風注意報が出ていたんだけど、問題無く釣りができました。

前述したように砂地なので、狙い目は足元の岩場沿いか、正面に見える小さな離れ。
ボートで、ここに乗ってる人も見たことがあります。



釣り座から見た離れです。
赤い丸が1枚目。黄色い丸が2枚目のクロダイを掛けた場所です。
この写真の時は穏やかですが、岩のくぼみから少しだけサラシができてますね。
波のタイミングで、結構大きくサラシが広がる事があります。
どちらかと言うと、下に入り込むサラシな感じ。
付けエサや水中ウキが引かれて、ウキが沈み込むことがあります。

写真の一番下に少し泡が見えると思いますが、その泡の切れ目くらいのトコロが少し黒っぽくなっているのがわかるでしょうか?
沈み根があります。
最後の一踏ん張りで潜り込もうとするので、取り込みには注意が必要です。
潮によっては、ここもポイントになりそうですね。
2014-06-15 23:04 in 釣り日記 | Comments (0) #

Page 11/18: « 7 8 9 10 11 12 13 14 15 »