2011 03月 27日

毎度の事ながら・・・



パソコンの設定って、時間がかかります。
ダウンロードしたり、CDからインストールしたり・・・。

いつも、徹夜になっちゃう。

ようやく、たいていのソフトやプラグインをインストールし、それぞれの簡単な設定まで終わりました。

死亡寸前の旧パソコンからデータ転送をして、メールやインターネット環境も移行。
普通に使えるようになったところで、旧パソコンを撤去し、モニターは新パソコンにデュアル接続。
ブルートゥースマウスも移植。
キーボードは、新パソコンにオマケで付いてきた物の方がコンパクトでタッチも良いので、こちらを使います。
後で、気に入った物を探そうと思ってたんだけど・・・これ、安物なのに使いやすいです。

ちょっと、気になる部分があるので、この部分の修正方法は検索して対処しないとな。

出張の時に使えるといいなと思って買ったUSB接続のPC用地デジチューナーがあるんですが、これもつないでみた。
PC自体に余裕があるので、画面の端にテレビを出してても、さくさく動いてくれます。
まぁ、最終的には別注文の内蔵型地デジチューナーを入れるんですが・・・配達待ちで、まだ届いてないモンで。
Windowsにはメディアセンターという機能が備わっているので、パソコンの機能としてテレビが見られます。
でも、USB接続の地デジチューナーに入っているミニB-casカードは認識しないようなので、内蔵チューナーが届くまではUSBチューナーの付属ソフトでテレビを見ることしかできませんが、内蔵が入れば録画なんかもできるようになります。

知り合いの奥さんに頼まれて、もう1台パソコンを仕上げます。
すでに注文済みで、届き次第、パーツの組み込みとインストールが待っています。
最初は、名刺や旦那の鍼灸院のチラシを印刷できれば良いって言ってたんだけど「テレビは要らないの?」って聞いたら、録画したいとか、DVDも見たいとか、だんだん贅沢になってきちゃって・・・。
それじゃ、それなりの物じゃないとダメだねって事で、相談の上、限度額を10万円に設定し、その中で可能な限り良い物をって話になり、いろいろな組み合わせの中から決めました。

俺の新PCと同じ、パソコンショップでセット販売してるBTOパソコン。
OSやソフトのインストールや、一部部品の追加を自分でやることで、少しずつ値段を削りました。
自作とどっちが安くなるのかわからないけど・・・近くにショップがあるワケじゃないし、こっちの方が手軽だし、自作感覚で作れるので気に入りました。

市販PCだと、20万円台半ばのモデルと同等のパソコンが、インクジェット複合機付きで10万以下なんだから、安いモンですよねぇ。


エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除