2011年3月1日 (Tue)

747と300 



中学の頃に読んだ本。 航空実用辞典。

中3の正月には受験の終わっていた俺は、担任の先生に「おまえは飛行機の本でも読んでろ」と言われ、授業中にも読んでたな。

素人向けではないが、図や写真を使って航空力学や機体構造、航空法など、様々な事柄が書かれていた。
今でも、押し入れの中をひっくり返せば、どこかに眠ってるはず。

空の貴婦人と言われたダグラスDC-8から、ジャンボジェットの名で親しまれたボーイングB-747に主役が変わりつつある頃だったから、使われていた図面は当然B-747だった。

それだけにJAL123便の事故は、信じられなかった。
まさか、あんなに安全に作られた飛行機が・・・落ちるはずなかった。


青森に来た頃。
三沢空港は改築工事の最中だった。
新型旅客機受け入れ体制を整える工事だった。

当時は東京・札幌・大阪の3路線があった。
まだ、新幹線が盛岡までだったから、十和田湖観光の主力路線だった。

東京便が1日3便だったかな?
DC-9だけだった路線に、空の女王エアバスA300が導入された。
当時躍進中のフランスの飛行機会社が投入した最新鋭機。

東亜国内航空が、それまでの赤&緑のラインを捨て、エアバス社のデモカラーだったオレンジ色のラインをそのまま使った。(確か、後に問題になった)
美しいシルエットに派手なカラー。
好きな飛行機だったな。
去年、観光シーズンの需要増加に対応したのかJALカラーのA300が三沢にも来たっけ。
あれが、最後に見たA300だった。

経営破綻したJALの再建により、効率の悪い大型機を全廃が決定。
去年、沖縄に行ったときは、滑走路の向こう側にある格納庫前に、赤い色を落とした真っ白のジャンボが並んでたのが印象的だった。
再建の旗印として、昔懐かしい鶴丸も復活。



昨日、青森空港から最後のA300が飛び立った。

そして今日は、JAL最後のB-747が引退。


旅客機に携わったワケではないから、愛着は無いのかもしれないが・・・。

空も変わっていくなぁ。


2011-03-01 22:03 in 日記 | Comments (0) #
コメント














 


この記事へのトラックバックURL
http://www.photobb.net/10929/blog/blog.cgi/c1/a201103012203.trackback