2019年5月23日 (Thu)

18


クルマで事故って、新しいクルマを契約したころからバイクにも乗りたいなぁなんて考えてました。
いや、バイクに乗りたかったのは昔からなんですけどね。

バイクに乗っていた兄貴の仲間が、家に遊びに来てたりしたんで、当時の人気車を目の当たりにしてたし。

高校を出て就職する前に免許を取ろうとしたんだけど、期間が足りずに断念。
せめてもと原付だけ取りました。

初任地は青森。
ずっと青森。

11月くらいだと乗ってられる気温じゃないし、場所によっては凍ってるし、雪が降りはじめたら冬眠だし、春も遅い。

必要なのはクルマだし、バイクと2台持ちできるほど余裕はなかったんで免許を取るのも諦めてた。

事故でクルマの無い期間があったんで、原付でもあれば買い物とか楽なのになぁとか思い始めたんだけど、そもそも冬だからバイクになんて乗れなかったけどね。
新車がいつ来るかわからなかったんで、暖かくなったら考えようかと思ってバイクメーカーのHPとか見てたら原付がスクーターしかない事に気が付いた。
オフロードの原付でも乗ろうと思ってたんで、中古しかないのかぁ・・・ってな感じで、ちょっと探したりしてみた。

小型バイクならあるなぁ。
免許取るかなぁ。
どーせ取るなら大きいの乗るのもアリだよなぁ。
大型・・・いや、さすがに無いよな。
この先の経済的なことを考えれば、普通二輪取って250か400ってトコだな。

なんて、夢が膨らみ、現実的になってきた。
クルマが無くて出かけないから暇ってのも大きかったかも。

んなわけで、自動車学校の資料を取り寄せてみる。
いきなり大型免許を取れる時代だけど、教習をやってる自動車学校ってあまり無いのね。
免許だけでも大型って考えもあったけど、普通二輪取りに行ってみて、普通にしといてよかった・・・てな感じ。
俺、あんなデカいの扱う自信ねーわ。
乗ってしまえば安定性は高いよって聞くけど、低速が苦手な俺にはダメっぽい気がする。

絶対免許取ってバイク買うんだ! って決意で、ヘルメットとグローブとジャケットを購入。
自動車学校でも使うしね。
借りられるけど、受付のおねーさんが「皆さん、自分で持ってきてますよ」って言ってたし。

で、探してみると青森にはバイク用品専門店ってのが無い。
お隣の岩手にも無さそう。
んで、前に書いた代車の軽で仙台まで行こうとしたわけですね。

バイクの教習が始まるのが4月中旬くらいからだったので、結果的にクルマの方が早く来たんで、慣らし運転を兼ねて行ってきたってトコです。

教習が始まって最初の2~3時間はほぼ慣熟走行。
所内の道路を走る分には、あまり問題無し。
先生にも「身体はぜんぜん乗れてるんで」って言われましたが、問題は低速での安定が保てない事。
4輪用のクランクで先生の後ろに付いてスロー走行とか、もうドタバタ。
あえて・・・なのかもしれないけど、その時点ではあまりアドバイスももらえなかった。

二輪にだけある課題ってのがあります。
8の字走行、急制動、クランク、一本橋、スラローム。
大型二輪には、さらに凸凹走行もありますね。

8の字は速度コントロールに慣れればあまり問題はありませんでした。
急制動は規定速度を維持して突入するのが上手くいかなかったけど、制動自体は怖くも無いしロックしちゃったってこともなかった。
クランクは、なんでこんな角度で曲がれるんだよ! って思ってたけど、先生の「身体ごと行きたい方向に向けちゃいましょう」って一言で開眼。
一本橋は最後まで苦戦しました。
あれ、何メートルあるのか知らんけど、半分まで行けない。
これを7秒以上かけろって? 無理です。
視線を遠くにって言う先生が多かったけど、ある先生だけは「足元じゃマズいけど、そんなに気にしなくてもいいよ。身体を前傾させてハンドルを自分で振っちゃってください」と言われてやってみたら、あっさり完走。
そこから時間をかけるために減速しようとすると、やっぱり落ちちゃったけど、徐々に慣れて成功率も高くなってきた。
スラロームは、曲げることよりもアクセルの使い方がねぇ。
これは、スラロームに限らず、いろんなシーンで困りました。
スロットルの遊びをどう処理すればいいモノか?
先生に聞いてみたけど「あればっかりは感覚だし、感覚は伝えにくいですもんねぇ。ウチのバイクは特にピーキーだって知り合いの人に言われました」と言いつつ「僕は握って回すってよりグローブの摩擦でずらしてるって感じです」とのアドバイス。
うーん、わからん。

そんなこんなで、1時間の乗り越しはあったものの、2段階の見極めにも合格して卒業検定。
練習も、やり直し無しの一発勝負。

道路セクションは問題無くクリア。
バイクコースに入っての課題に突入。
8の字は注意されてた出入口の白線も踏むことなく突破。
急制動は2~3Km/h高めに入っちゃったけど、目標ライン手前で停止。
クランクは自分でも驚く安定感で難なく通過。
さて、一本橋。
手前の一時停止で軽く深呼吸して、気合いを入れすぎないように力を抜いてクラッチミート。
乗った時に少しバランスを崩しかけたけど、すぐに修正。
無理に減速せずに前半を安定して走行。
後半は欲を出して少し減速。心の中でカウント9程度でクリア。
Uターンしながらアクセルを握り直し、加速してスラローム。
これで課題終了。
あとは道路セクション後半。一時停止、右折、右折、信号左折、踏切右折。
外周を走って障害回避してスタート地点に戻る。
ギアをニュートラルにしてエンジン停止。
後方確認して降車、サイドスタンド、ハンドルを左に切っておしまい。
タンクをポンポンして、検定官にお辞儀。

これ、OKでしょ。

「課題は問題無し。停止直前とか、安全確認で低速になった時に少しふらつくみたいだから、二―グリップをしっかりして、低速でもふらつかないように気をつけてください]とのお言葉。

課題で問題無しってのは想像もしてなかった。
俺って本番に強い?

今日の卒研は14人だけど車種が多いって事だったけど、合格発表のモニターに映し出された合格者の受験番号には普通二輪が無い。

ドキドキしながら待っていると2ページ目に切り替わり、普通二輪だけが表示された。
普通二輪は俺だけだったから、ここで不合格だったら恥ずかしかっただろうな。

あとは警察署に行って免許申請だけ。
目の検査はあるけど、それさえクリアできれば免許が交付になります。

さて、バイクは何にしようかな。
2019-05-23 21:17 in 日記 | Comments (0) #

2019年1月27日 (Sun)

経過


この週末。
ディーラーに行ってきました。

まずは、担当セールスさんから保険屋さんからの情報を聞く。
保険屋さんがクルマを見に来て、全損との判定が確定したこと。
それにより、支払われる保険金が決定したこと。
以上を確認。

まだ、相手方の承諾が得られていないから、過失割合は決定してない。
交渉の結果、俺の過失割合があるとなれば保険料率が上がる。

そこを理解したうえで、前回までに話を進めていた新車への買い替えを決断。
同じSUBARU XVにするとモデルチェンジで屋根が低くなったのでバス・ボートを乗せるのが厳しくなることから、少し大きめのFORESTERにする。
グレードは、最後まで迷った。
先週、2500ccのNAエンジンを搭載したPREMIUMと2000ccハイブリッドのADVANCEの両方を試乗したが、もう一度ハイブリッドに試乗させてもらった。
街乗りはハイブリッドでも良いかも知れんけど、アクセルを踏んだ時に状況によってフィーリングが変わるトコが気持ち悪い。
トルクはモーターが働けばハイブリッドの方が強いんだけど、感覚的に2500のエンジンの方が気持ちよいと感じたので、PREMIUMにした。

ボディーカラーはXVと同じダークブルー。
俺の乗るクルマは青じゃないとイカンのだ。

オプションは釣行を強く意識してラゲッジと室内照明類をフル装備。
見た目重視の装備は大半を排除。
あとは走りと使い勝手重視。

最後にもう一度内容を確認して注文。
めでたく「ご成約」
通常1.5ヶ月~2ヶ月待ちとの事。
でも、ニュースで日立から納入された電子部品の不具合が見つかってスバルが一時生産を停止したって言ってたから、もう少しかかるかな?



まだ、保険交渉が解決してないからスッキリしませんが、今のところこんな感じ。
2019-01-27 23:24 in 日記 | Comments (0) #

2018年11月3日 (Sat)

ちょうさへいだん2回目


準備万端で出撃。
寒いけど風も穏やかでキレイな星空。

防波堤の先端は、何も反応しない。
少し手前でメバルタックルを投げてみたら、久しぶりに20㎝超えが来た。

若そうなお兄ちゃんが二人やってきて、先端に入る。

チニングロッドに持ち替えて投げてみる。
30㎝にはちょっと届かないソイ。

その時、先端のお兄ちゃんがヒット。
バシャバシャと派手に音を立てて・・・ラインブレイク。

エラ洗いの音が聞こえてたんで、近づいて聞いてみる。
シーバスらしい。

数分後、またおにーちゃんヒット。
今度は頑張ってる。

見に行くと、タモ入れで苦労してる。
デカいシーバス。

何とかタモに収まる。
喜ぶおにーちゃん。
どうしていいのか分からない様子。
スケールも持っていないらしい。

ポケットからスケールを出して計測。
75㎝

スゲーな。
初めて釣ったんだって。
おめでとう。

ちょっと予想が外れたのは俺。
ソイだと思ってたのに、このサイズのシーバスとは。。。

こんなのがウロウロしてるんじゃ、今日のタックルでは商売にならん。

次回はシーバスタックルで行くことにしよう。
2018-11-03 01:34 in 日記 | Comments (0) #

2018年10月28日 (Sun)

ちょうさへいだん


9月30日のブログに書いてた、一晩に3回も俺のラインをブチ切ったヤツ。
実は、先週の釣行でも友人のラインをブチ切った。

俺は3ポンドラインだったけど、友人のは4ポンド。
目の前で見てたけど、まさにデカい!って感じで、3秒くらい粘ったけど何もできないままドラグ音が消えて友人は防波堤の上に、ラインブレイクの脱力感と反動で仰向けに転がった。

何者なんだろう。
予測としては、大きなソイ。
一度だけ、漁港の奥に係留されている船の間で見たことがある。
40㎝くらいのが2匹と、60㎝近いと思われるのが1匹。
近くにある他の漁港でもデカいのが釣れたって聞いたから、おそらくは間違いないと思う。

でも、こうなると釣り上げて確認してみたい。

俺の場合、0.75gと1gの軽いジグヘッドに来た。
友人も1.5gだったし、あまり水深の無い漁港だから重いのは使えないか。
って事は、シーバスロッドじゃ厳しいな。
だからと言って、ウルトラライトのメバルロッドにこれ以上の太い糸は使いたくない。
手持ちのロッドで使えそうなのは、チニングロッドか、ベイトリール仕様のメバルロッド。
ベイトリールはエアスプールモデルだけど、3g以下のジグヘッドを投げるのは難しい。
チニングロッドに付けてるリールは、シーバスロッドに付けてたやつで、ちょっと巻いてあるラインが太すぎる。
いつか巻き替えようと思ってたけど、チニングに行く機会が無いのでそのまま放置してた。

ベイトリールにはバス用に買ってあった6ポンドのナイロンラインを巻いた。
チニングロッドの方は、とりあえずラインが無いのでそのまま。
釣具店で普段は使わない3g#4のジグヘッドを買って漁港へ。

風が強くて、時折吹き付ける突風は身体が押されるほどだった。
俺が2度、ヤツを掛けたポイントは横風になって狙えない。
ポイント方向を狙えば大きく風に流され、風上側からのアプローチじゃ届かない。
仕方なく風下方向に投げてみたけど、最後に俺が切られたポイントともわずかにずれてる。

ジグヘッドが重いので何とか投げられるけど、その分レンジが深くなって根掛かり続発。
なかなか上手くいかない。

時間がたつと、風が少し治まってきた。
それで油断した。
調子よく使えていたベイトリールで、欲を出して遠投したら、大バックラッシュ。
修復不能な状態。

ベイトロッドを片付け、ちょっとだけメバルタックルを使ってみる。
小さめのメバルは釣れてくるから、魚は動いてるみたい。

チニングロッドを使うが、ラインが太すぎて。。。
治まったとはいえ、まだまだ強めの風にあおられて思った方向へ投げられない。

風が強いんで、上空の雲の流れも速い。
釣り場に着いた時は満点の星空だったのに、東の空から月が顔を出したと思ったら雲が出てきて土砂降りの雨。
また月が出てきて・・・その繰り返し。

冬場に着ている防寒服を今シーズン初めて出してきたから、雨で冷えても寒くはないが、3度目の土砂降りで心が折れた。

今週は諦めよう。
でも、この冬のターゲットができた。

とりあえずチニングロッドに使うラインを注文中。



2018-10-28 22:14 in 日記 | Comments (0) #

2018年10月14日 (Sun)

いそ×6


10月も半ば。
そろそろ夏泊のクロダイも終わりだろうと、別の場所へ行くことに。
2人くらいお声がけしたけど、どちらも行けないとの事で単独釣行。

過去の記録を見て、津軽半島へ行くか日本海にするか迷う。
最近、良い型のを見てないしな。
良型の可能性を求めて日本海へ。

深夜の磯場。たくさんのライトが見える。
なに? イカだろうか。
あれだけ並んでると、ちょっとなぁ。
と思いつつ、眠いので寝る。

寒くて目を覚ますと・・・増えてる。
俺の車の周りにも、あとから来た車がいっぱい。

どーしようかと考えた挙句、移動するしかないよねって事で早速移動。
さっきまで満天の星空だったけど、東の空が明るくなってきた。

南へ30分ほど走り、次の磯場。
車数台。

まだ暗いのと岩の陰で見えないけど、やっぱイカかな。
でも、お気に入りポイントの一つは空いてた。
ワンドの奥だから、エギは投げれないよね。

1投目からフグ。マジか。
何投か投げたけど、エサが残らない。
根気よく打ち返す。残ってきた。
観察すると、クロダイっぽい齧り痕。
あまり活性が高いとは思えないけど、ほんの少しアタリっぽいのがあったんだよね。

同じところに入れてみたけど、今度はアジ。
アジ、フグ祭り。
ハリ結びと、ハリス交換。何回結んだか。。。

また、ジワリとウキが沈むアタリ。
タイミングを見計らってアワセたけど、空振り。
もう一度同じポイントへ。
またアタリ。今度は待つ。これでもかってほど、待つ。
そしてドン。

浅い所だから、ウキがあまり入らないんですよね。
でも、掛けたあとは底へ張り付こうと頑張る。



28㎝でした。

その後は再びアジ・フグモード。
どちらかというとアジ優勢。

もうそろそろエサも無くなる頃。
アジを嫌って少しずつポイントをずらしていたら、またエサが残ってきた。
まだ、居るでしょ。

最初の魚と全く同じパターンで掛けた。




30㎝

どうにもサイズが上がらない。
でも、6連勝っすよ。
毎回、エサ取りに苦しみながらの釣りですが、嬉しい。

帰りは、眠気に襲われつつも10分ほど走って国道沿いのパーキング。
トイレで手を洗って、30分だけ仮眠。

アラームで起きて、3時間走りっぱなしで帰宅。

寝る。
2018-10-14 15:23 in 日記 | Comments (0) #

Page 1/159: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »