2018年9月30日 (Sun)

めばーる


クロダイに行った隣の班長とは別の班長がいましてね。
俺の前所属部署のボスが、一緒に釣りに行こうって話になった時に連れてこられたことがきっかけで、すっかりメバリングにハマってしまいました。

6月頃からだったかな?
結構、一緒に釣りに行くようになり、マイロッドを持ちたいと検討してたんで、俺が後輩に譲った竿をさらに譲り受けて使ってました。

良い時期から始めたんで、数を釣ることでメキメキ上達。
前出のボスが転勤になるってんで、下北への遠征釣行にも同行して大物も釣りました。

その班長も今月いっぱいで転勤。
先日の釣行が最後と思っていたんだけど、引っ越しの最中、部屋には何にも残ってないし、送別会も終わったし、夜はやることがないってんで急遽最後の釣行をすることになりました。

竿は俺の予備ロッド。
行き先は・・・彼が一番気に入っていた漁港には先行者。
狭い場所なので、割り込むわけにもいかず。
最初に行った場所にしようか。

その場所にも先行者。
まぁ、こっちなら何とか入れるかな。
先行者さんは2人組でクロダイ狙いの様子。
しばらく釣ってみたけど小さいのがたまに釣れてくる程度。
エサ釣りの人を見てても、コマセを打ってるにも関わらず小さなメバルがたまに釣れてるだけみたい。

これ、ダメなんじゃね?

ってことで、最初に行ってみた漁港へ戻る。
幸いにも、先行者は帰ってた。

1投目からガツンと来たけどフックアウト。
そのまま引いてたらもう一回きたけど、さっきのとは別の小さいアタリ。

感じはいいのか、15cm~20㎝を数匹釣り上げた。
風が出て、寒かったので車に戻ってレインウェアを防寒用に着る。
戻る時に、停泊中の漁船の間に投げてみたら25㎝がヒット!

あっちでデカいの釣れたって言ったら、班長もそっちの方へ行って何投か投げてた。

その隙に俺の竿にはデカいアタリが来たけど、パチっと切れちゃった。
先ほどのフックアウトといい、今夜は何なんだ?

その後、風がパタッと止まり、班長も俺も20㎝超くらいまでのメバルを数匹釣った。

再び風が出てきてアタリが無くなってきた。
そんな中、再び俺の竿に来た強烈なアタリでまたラインブレイク。

ホントに、何なんだよ??
2回とも、ドン・・バチって感じでドラグが出る間もなく切れた。
よほどデカいのか? でも、そんな切れるほど引かれてないぞ。
ラインは問題無かったし、原因は謎のまま。

すっかりアタリも消えたので、班長の最後の釣行終わり。
もっと早くから教えてもらえばよかった。こんなにハマる趣味は始めてだと。転勤先でも続けると言ってもらえた。

班長、お世話になりました。
ありがとうございました。



2018-09-30 00:25 in 釣り日記 | Comments (0) #

2018年9月24日 (Mon)

いそ×5


4連勝で調子こいてる俺。
この3連休は風と強い雨で大潮の無駄遣い。
最終日の月曜は風もなく・・・でも、午後からは風が出るかもな予報。
満潮は、その午後の時間帯なので微妙。

同僚と検討した結果、朝まづめから入って下げ止まりから上げに変わる時間帯を釣ろうかって事に。

真っ暗な磯をヘッドライトの灯りを頼りに釣り場へ。
釣りの準備ができた時にはちょうどウキが見える明るさ。

第1投。
ウキが引き込まれる。
ちびマダイ。

あとは、メバル祭り。
回収する仕掛けにサヨリが引っかかってくる。
気を抜くと、ハリが無い。フグだね。

やっぱり下げの潮じゃダメなのか。
やがて、潮はピタッと止まった。

これで連勝もストップかぁ。。。

上げに入っても状況は変わらず。
時折、風が吹くようになった。

たまに、潮が流れることもあるけど、すぐに止まる。
その繰り返し。

下げ止まりから上げ始めて2時間弱。
ちょっと動いた時、ウキも動いた。

不意打ち喰らった感じだったけど、なんとかアワセを入れた。



29cm

その後は、また何もない時間が流れて・・・おしまい。

眠くて眠くて。
車に戻ってから、少し眠ってから帰りました。

何とか、5連勝。
2018-09-24 18:53 in 釣り日記 | Comments (0) #

2018年9月15日 (Sat)

いそ×4


また、行っちゃいました。
金曜の仕事が終わってから仕込みして出発。
まずは、途中の漁港でメバリング。
潮の時間帯は最悪だったんで、3匹程度でサイズも小さ目。
こりゃ、ダメだ~と思ってラーメン屋さんへ。

しっかり喰って磯近くの公園で仮眠。

4時に起きて磯歩き。
準備を整えると、ちょうどウキが見える明るさに。
潮も満潮に向かう一番いいトコ。
計算通り。

例によってメバル、イナダ、ちびマダイと高活性。
困ったのはサヨリとフグ。
エサが入らない。
それに先日の台風のなごりなのか、草がいっぱい流れてくる。

そんな中でいい感じのアタリが出たんだけど、ラインに草が絡みつき、根際だったからバチっと切れちゃった。
フグにもやられてたかな?

雰囲気はいいので、集中力を切らさずに釣りを続ける。
さほど時間を空けずにアタリ。

じわじわじわ・・・シュルシュルシュルー

アワセを入れるとドンと乗った。



34cmでした。
この磯で出るのはこのくらいのサイズまでだから、ちょっと気持ちいい。

その後はまたサヨリが湧いてきて、そして潮がパタッと止まった。
これは、どーにもならんぞ。

たまに当たればサバとかフグとかイナダとか。
風が出てきて潮が流れ始めるかってトコでエサが尽きた。

やむなく撤収。

一旦帰宅して寝る。
目が覚めちゃって、野球中継見て、もう一回出撃。
昨日、不調だったメバルを再調査。

天気予報もアメダスも風が無いのに、海沿いだけはビュービュー吹いてた。
どーすんだこれ。

俺の竿なら何とかなるかも知れんと、一応やってみる。
昨日、最後に遠投したくて付けてた1gのジグヘッド。
反応なし。

風強いけど、一番好きな0.75gにチェンジ。
向かい風では全然飛ばないけど、横風なら何とか投げられる。
追い風は、ぶっ飛んでく。
一番狙いたいのは横風になる方向。風の弱くなる瞬間を狙ってキャスト。

ツンツンって感じた。
喰わない。
ちょっと誘うと、またツンツン。
ゆっくり引くとガシっと喰ってきた。
20cmくらいかな。

その後は、忘れた頃に喰ってくる程度。
数は、昨日より出たけど、全般に小さ目。




やっぱり潮の時間は悪く、時合いが終わると反応も消えた。
1時間半くらいで終了。

今夜は、寝るぞ。
2018-09-15 22:54 in 日記 | Comments (0) #

2018年9月1日 (Sat)

いそいそいそー


隣の班長が言うんです。

前に居た職場の人に連れられて、浜名湖で何度かクロダイ釣りに行ったんだけど、一度も釣れなかったんです。

どうやら、大物狙いのポイントだったらしく、素人には難しいポイントだったらしい。
連れて行くんなら、釣らせてあげることを考えようよ。
とは言っても、そうそう簡単に釣れない魚であることも事実なんですが・・・。

浜名湖でやってたのとは釣り方が違うのでってことを説明し、それでも行きたいって言うんで夏休み中に2回釣ったポイントへご案内。

磯歩きは初めてらしいんで、荷物はリュックにコンパクトにまとめてもらい、竿も俺のロッドケースに入れて手ぶらで歩いてもらう。
暗い磯をゆっくり歩いて、予定通りに明るくなる前に釣り場へ到着。
道具を準備して、班長のロッドから組み立てる。
うっすら明るくなってきた磯で、一通り釣り方をレクチャー。
潮の流れを確認して、あの辺りに仕掛けを投げ込んでみてくださいと指示をして釣り開始。
じゃ、自分のロッドを・・・と思ったら1投目からヒット。
ちびマダイでした。
ハリを外してリリース。

俺のロッドはウキまでセットして、あとはハリスを付けるだけの状態で持ち込んでたんだけど、竿を出す前に2匹目のマダイ、エゾメバルを3投連続ヒット。
俺は、いつになったら始められるのか?

横目で仕掛けを打ち込むのを見ながら、タイミングを合わせて隣からコマセを投げ込む。
初めての磯で、自分でコマセは打てないだろうと俺が多めにコマセを持ち込んで、コマセを打ちましょうって作戦なんです。

ようやく1投目の仕掛けを打ち込むと、隣では早くも4匹目の魚を釣り上げる班長。
今度はメバル。めっちゃ楽しそう。

俺は、1投目からラグビー。
あれ? ウキ下深いのか?
ちょっとウキ下を調整すると、班長が釣ったのより少し大きいマダイ。

なんか活性高いっすなぁ。これは期待できるかも。
心中では思いながらも、風もあるし初心者には難しい潮なんじゃないかと不安はある。

予報では風は弱いはずだったんだけど、正面からの風が強くなり、仕掛けが磯際に押し付けられる感じ。
磯際で弾けた波が時折足に当たる。
潮自体は左から右。

班長はペースは落ちたモノの、ちびメバルをちょいちょい釣り続けてる。
俺の方にはフグも出てきてる。ハリを何本か持ってかれた。

満潮が近づいて潮が早くなる中、俺のウキに微妙な反応が出始める。
班長ごめん。 俺、マジモード入ります。
釣り座の右にある岩の張り出しを根掛かりさせないように慎重の乗り越えさせて流すと、ウキが沈む。
何度目かの流し込みでウキが明確に沈む。早合わせしたら乗らなかったんで、タイミングを慎重に見極めて、アワセるといい感触。
張り出しの向こう側で掛けてるんで、釣り座を移動して磯際から引きはがして張り出しを回しこんで手前サイドへ誘導。
そのまま釣り座に戻り、タモを手に取る。



33㎝のクロダイ。 今季最大。
って、偉そうに言うサイズじゃないな。

憧れのクロダイを前にして、自分が釣ったんじゃないかってほど班長興奮。
手に持って、写真撮ってたし。

その後、風は治まって静かな磯になる。
釣りやすくはなったけど、釣れる気もしなくなってた。

コマセに群がるサヨリを釣る班長。
五目達成。

一旦緩んだ潮がまた早く流れ始める中、俺のウキに異変。
いきなり横っ走り。
またイナダか? と思ったらウキの先から飛び跳ねる魚。
なんじゃ、あれは?
リールを巻きながら見てたら、跳ねた魚を追ってウキが舞い上がる。
そこそこ引くんだよね。
足元まで寄せると磯際を右へ左へ泳ぎまくる。




40㎝近くあったでしょうか。
俺史上初のシイラ。
もちろん子供ですが、こんなの初めて釣った。

夏泊半島の先端では、ルアーで釣れるって話は知ってたんですが、まさか釣れるとはね。

夕方には職場の歓迎会も予定されてるし、コマセも無くなりそうだったので俺は予定の時間で納竿。

あとは班長を全面バックアップ。
コマセが無くなってもやめようとしないので、10時になったら帰りましょうと時間指定。
残りの時間をめいっぱい使い切ったけど、残念ながら本命には出会えず終了。

帰りの磯歩き。
班長は何度も、おもしれー、たのしかったーを繰り返してた。
次はいつ行けるか、その時期ならここじゃないなど、次回釣行にも意欲的。

何とか、釣らせてあげたいな。
2018-09-01 23:28 in 釣り日記 | Comments (0) #