2015年12月28日 (Mon)

頭を整理してみよう PART6


これはもうCX-5でしょとか思ってたんだけど、どうもネットとかで調べてみると評判がよくないですねぇ。
いや、クルマはいいんですよ。
マツダコネクトという機能。
これ、普通はオーディオが付いている場所にドカンと載せられているんですが、画面で車の機能設定やオーディオ、スマホと連携させて電話やスマホに保存している音楽を聞けるってモノで、専用のSDカードを入れるとカーナビにもなるってモノ。
車両本体の機能をコントロールするので、取り外して他社オーディオを入れるという事ができないそうです。
そもそもサイズが小さいので、物理的に交換できないとか。

んで、これがものすごく不評。
音楽再生も音が悪いとか、ナビがダメダメくんだとか。
CX-5に搭載されたものは改良型ではあるそうですが、それでもまだまだ発展途上な感じで…。

そうなると、XVが急浮上となるわけですな。
XVのマイナスポイントは狭さと燃費。
狭さは、そもそも比較対象としてサイズが小さいのが原因。
PHEVやCX-5と比べるなら、フォレスターなんですよね。
XVのライバルはCX-5よりも一回り小さいCX-3ですから(´・ω・`)

今回は燃費も考えての選択だったので、フォレスターを切り捨てて、XVを選択してました。

燃費が悪いと言っても、一応はクラス最高の燃費。
クチコミサイトを見て回ったけど、少なくとも今のアウトランダーよりは全体的に上ですね。

それより、アイサイトやその他の機能、車体構造も含めて安全性能が高いって部分では最も評価の高いクルマなのが良いですよねぇ。

オプションの選択を、ちょっと贅沢仕様で見積もってみましたが、それでもCX-5よりは安くなりました。

今度はディーラーに行って、本気モードの見積もりを出してもらうつもりです。

俺、スバリストになりそうな気がします。
2015-12-28 23:57 in FORESTER日記 | Comments (0) #

頭を整理してみよう PART5


今回は、緻密な計算をしてみた。

まずはカタログ燃費と全国平均の燃料代から計算。
XVはレギュラーガソリンで16.2Km/h
PHEVもレギュラーガソリンの20.2Km/hだけど、ハイブリッドの使いように寄っては大きく差があるそうなので、ここは不確定要素でもある。
CX-5は18.0Km/hなんだけど、クリーン・ディーゼルなので軽油を使用しているから、単価が15円程度は安い。

今日現在の燃料価格全国平均値でカタログ燃費通りに10000Kmを走行したと仮定。

XVは617Lの燃料を使い、金額は72160円。
PHEVは495Lで57871円。
CX-5は556Lで55444円となる。

XVは3車比較ではもっとも高燃費。
他2車が免税なのに対し、XVは減税なのでここも不利。
ただし、オプション、諸経費を合わせた見積額(スバルHPのオンライン見積もり)はPHEVより140万円ほど安いので、この差を埋めるのは10万キロほど走る必要があるって事を考えれば、まぁXV有利ともいえる。

ちなみにCX-5とは購入金額が35万円ほどの差しかなく、燃費と税金で差は走行距離で2万キロもかからずに埋められる。

PHEVは燃料消費は少ない物の、ガソリンvs軽油でCX-5に追いつけない。
共に免税なので差は付かない。
購入金額の差は106万円程度だからこの差はデカい。

装備面で考えた場合、PHEVは安全装備の大半が標準装備ではあるものの、他社にオプションをフル装備にするとレベルが一段低く、設定のない機能もあるのでマイナスポイント。
前にも書いたけど、緊急時に家庭用電源を取れることと広さしか優位性がない。
車体価格の差で発電機を買えば電源問題は関係ないし、広さは工夫で何とかなることを考えれば・・・PHEVは切ってもいいかな。

安全装備と言えば、スバルのアイサイトはスゴイ。XVのハイブリッドはバージョン2だけど、ガソリンエンジンモデルには最新のバージョン3が搭載されているので、現状ではほぼ完璧と言える。

CX-5は、XVと同等の機能があるけど、細かいところで違いがちらほら。
ここは使ってみないと甲乙付けがたい所かも知れない。
ちなみに、先に書いた車両の金額差は、全車とも安全装備を含む、最低限必要と考えるオプション込みの金額から計算した数値。

こうなると、経済的にはCX-5
安全装備では僅差でXV
走りは、XVだけど、CX-5がダメってワケでもないんだよなぁ。

順当にいけば、メイン候補はCX-5だな。

もう一度スバルに行って、CX-5に勝てるトコロを探してみるか。



2015-12-28 00:10 in FORESTER日記 | Comments (0) #