2015年5月31日 (Sun)

あーあー ただいま試験中


ねこ港周辺の状況は相変わらず。
どうやらもう少し近場でも釣れ始めてはいるらしいのですが、いろいろ気になってるポイントがありまして、今回もねこ港方面です。

とは言え、いつもの防波堤ではなく、公園前の沈みテトラ。
子供が水辺で遊べるようになっている公園なので、大きな波が直接打ち寄せないようにするためなのか、公園の沖20mくらいの位置に水面ギリギリの高さまでテトラが組まれているんです。
根魚が住むには絶好のポイントですね。
ねこ港で出会った釣り人さんから、過去に尺メバルが釣れたって話も聞きました。
しかし、海藻類にも絶好の場所らしく、テトラ帯はもちろん、その周辺の海底に敷設されているブロックも含めて盛大に海藻が生い茂っています。
そんなとこにジグヘッドを打ち込んだら、一撃で終わりですよねぇ。
現に、俺のジグヘッドもいくつか・・・。

でも、ブラックバスなんかはこんなポイントでも釣りますよね。
さすがに同じ事はできないだろうけど、似たような事はできるはず。
てなわけで、あちこちのメーカーから出されている様々なパーツを利用して海藻にぶち込めるタックルを考えてみました。
まぁ、そんなたいそうなモンでもないですけどね。

そんなワケで、沈みテトラに一番近い場所に突入。
俺が持ってるメバルロッドの中で一番硬調の76Lの竿を使ってテトラ脇にキャスト。
ちょっと距離が足らんなぁ。
もう少し改良が必要な気がしますが、今日のトコロはこれで攻めてみましょう。

沈みテトラ周辺では当たりませんでしたが、手前にある2列の海藻群生ポイントで20cm弱のメバルを数匹釣ることができました。
当たるんだけど、ちょっと乗りが悪いかな。ここも少し改良が必要だな。



移動しながら、いろんな角度から沈みテトラを攻めてみたけど、サイズは伸びず。海藻越しでも釣りは成り立つ事は確認できたのは収穫ですが、掛けてから海藻の中でばらしてしまう事が多くあったので、ここは技術を磨かないとイカンですね。

移動の最後は、沈みテトラに最接近できる公園防波堤。
時間帯なのかタックルが合わないのか、ちびメバルだけでサイズが上がらないので別の場所でも試してみる事に。
防波堤付け根付近はずっと20cm越えのサイズが安定して出ている場所ですが、岸近くは浅くて海藻も多いんですね。
同じタックルで攻めたら、よりタイトに打ち込めるんじゃないかと思ってね。

思った通り、サイズアップはできました。
ねこ港防波堤にも釣り人が居たので、あっちに行ってるのかなぁと思ってたねこさんが突然現れました。
どこに居たんだろう?

最近は風の強い終末が続いたので、俺自身も2週間飛ばしたんですね。
だからねこさんに会うのは3週間ぶり。
なんだかすっかりお腹まわりが細くなってた。




ちょっと殺気だった感じでしたよ。
いつも釣りをしている俺の足元でルアーの行方を追っているんですけどね。あいつ、暗闇でも糸が見えているんだろうなぁ。
魚を掛けたら、テトラを駆け下りて水際で上がってくるのを待ち構えてるし・・・。

メバルはというと、あちこちでジャバジャバとボイルしています。
表層の何かを喰っているんでしょうね。
そんなワケでハードルアーに交換。
当たるんだけど、乗らない。
ちょっと弾いちゃってる感じがしたので、竿を柔らかい物にチェンジ。
これでしっかりフッキングするようになりました。
サイズも22cmくらいのが数匹。




時折、ぽつぽつと雨が降っていたんですが、遠くに見えている青森市の街灯りがぼやーっとにじんで見えてました。
あれ? っと思ったと同時に、ほぼ無風だったのが突然ビューっと強めの・・・少し今までと違う空気を持った風が吹き抜けました。
これはヤバいか?
スマホで雨雲レーダーを確認。
ここだけがぽっかりと穴が開いているだけで、全周に雨雲が発生してました。
これは撤収ですな。

道具を車に積み込んで、走り出したら強い雨がざーっと降ってきました。
ギリギリセーフでした。
2015-05-31 19:08 in 釣り日記 | Comments (0) #

2015年5月30日 (Sat)

2週間行かなかったらねこいなかった


夕まづめに好調の公園堤防へ日没直後から突入。
先端から沈みテトラを狙おうかと思ってたんだけど、意外と大型が潜んでいる付け根で1投してみたら、1発で喰ってきた。



そのまま先端に行ってみたけど、ちびしか出ないので付け根に戻る。
サイズは20cmを超えるくらいまでなんだけど、ちびは出ないのが不思議ですねぇ。
頭の丸いテトラが整然と並んでいる場所なので、移動はできるんだけど立ってると少々疲れます。

ちと身体の疲れがたまっている状態なので、そこそこの時間で切り上げてねこ港防波堤に移動。

ここはフラットな堤防なので、釣りをするのはとても楽です。
照明もあるしね。

魚の活性は高く、あちこちでバシャバシャ跳ねてます。
ただ、ルアーが合わないのか反応してくれない。
他の小魚もうじゃうじゃいるんですけど・・・そういやフグがいなかったな。
岸壁にはカニさんがたくさん居ましたね。
前にカニ取りの人が言ってたワタリガニかな?

生態観察をしてたら、巨大なウミウシ発見。




こーゆーのには詳しくないし・・・種類とかあるのかね?
海面近くまで上がってきていたのでスマホでもズームさせて撮影できましたけど、大きさの対比物がないのでサイズが分かりにくいですね。
見た感じ、体長は30㎝くらいでした。

なんて事をしながら釣り場を休ませ、釣り再開。
さかなは表層に浮いている、あるいは表層を意識していると判断して軽めのジグヘッドやハードルアーを交換しながら探ってみたんですが、メバルのサイズは15cmが限界。ちびしか相手にしてくれない感じなのに、ぼちゃんと大きな音を立てて跳ねる魚もいるんですよねぇ。

どうしたもんかと考えながら表層を引けるサイズの波動系ジグヘッドにリアクション系カラーのワームを付けて投げたら随分とプルプル走る魚がヒット!

アジでした。。。




ねこ港の消灯時間を過ぎたら、パタッと魚が静かになっちゃったので、俺も撤収。
疲れがたまりすぎて・・・延長戦は回避してまっすぐ帰ってきました。
2015-05-30 14:59 in 釣り日記 | Comments (0) #

2015年5月24日 (Sun)

先週に続き


青森市方面が強風の予報だったので、陸奥湾を挟んで反対側の下北半島脇野沢方面に行ってきました。前回ブログと同じ場所。

むつ市の大湊に海上自衛隊があるんですが、何やらデカい船が停泊していました。
先週は「あたご」や「ひゅうが」が停まっていたので、ひゅうがだけ残っているのかなーと思ったら、最新の大型DDH(ヘリコプター搭載型護衛艦)の「いずも」なんだそうです。
隣に潜水艦も停泊してたんだけど、いやーデカい。
スマホカメラで撮れる距離でもないので写真はありませんけどね。。。

TKD漁港に着くと、近所の人らしきおじさんたちが数人。
サビキで、サバかと思うほど大きなイワシを釣っていました。
沖に投げてあるウキはイカですね。ヤリイカが釣れているみたいです。
他にはメバル狙いのワームさんと、エギの人。

とりあえず明るいウチはいろいろやってみようかと漁港脇の磯場から開始。
ぜんぜんダメでした。
暗くなってから漁港内へ。
イカ狙いのみなさんのお邪魔にならないように・・・って言うか、あれじゃこっちも釣りにならないので空いている逆サイドでソイとメバルを数匹。
いや、サイズを問わなければいくらでも釣れるんですが、5~10cmのちびメバルとちびソイばかり。
活性は高いのでガンガン喰ってきます。
ちびに喰われなければ、下に居る15~20cmのがちょいちょい出ます。



サイズアップが見込めないので、次の漁港に移動。
先週、大型のメバルを見た漁港です。
先週は不用意にもデカいの居ないだろうといきなりライトで照らして警戒させちゃったので、今回は状況も分かっていることもあり、すぐに開始。
時折大き目のボイルがあるんですが、釣れる魚はあまり変わらないっすねぇ。
何か黒い影が見えるポイントでやってたら、クロソイが来ました。
40cmくらいのもいたけど、見えているくらいだから、そう簡単には喰ってくれないだろうな。




後ろでガタガタっと音がしたので、ビックリして振り返るとねこさんでした。
デカいねこさん。
近づいてくれなかった。

さらに移動。
ここも同じクラスのメバルが釣れるんですが、他よりも大きいのが多いかもしれん。
でも数は伸びないですねぇ。
あとから入ってきた地元の人と思われる釣人さんは、今年はぜんぜん大きいのが出ないと言ってました。

何か妙なアタリが出るなぁと思っていたらタナゴでした。
トクチタナゴってヤツ。




眠くなったし、腹も減ったので撤収。

次はねこ港に行きたいな。
2015-05-24 12:47 in 釣り日記 | Comments (0) #

2015年5月17日 (Sun)

長距離偵察


連休中に1度くらい行きたかったんだけど、結局行けずに終わってしまった下北メバル。
後輩がメバルをやっていると知り、引き連れて行ってきました。

とりあえずは実績のあるTKD漁港。
一番やりやすいポイントにはエサ釣りをしながらワームを投げている人が占領しているので、藻の密生するポイントで開始。
ちびメバルの生育状況を確認して、防波堤先端へ向かって釣りながら前進。
あまり良い反応は得られないものの、15cmクラスを数匹ヒット。



予報では3m程度のはずだった風が強くなり、ちびメバルの乱舞する最初のポイントに戻って藻の隙間を攻めるも、15cmクラスが精いっぱいでサイズアップできず。

移動を決意し、先の漁港を見に行くも風の影響が大きく断念。
戻る方向へ移動。
冬場は生体反応のなかったKNM漁港に入って、状況を見ようと岸壁の角をライトで照らしてみると大型がゆらゆら。
ビックリしてライト消灯。すぐに竿を出してみる。
他にも大き目は居そうだけど、ちょっと攻めきれなかった。
サイズ的にはTKD漁港と同程度のメバルを数匹釣っただけでしたが、ここにも風が巻き込み始めたのでさらに移動。
ここは、次回に攻め直してみたいね。

道路から見下ろせる位置にある漁港。
前から気になっていたんだけど入ったことがない。
良い感じなんだけどなー。見た目に反して水深がなく、ちびメバルがうじゃうじゃの幼稚園状態でした。

すぐに移動して、クロダイで鯛島へ渡船した時にお世話になった漁港に入ってみる。
水面がざわざわしてて、あちこちで魚がボイル。
ここまでで一番の活性を感じます。
船着き場の真ん中から、二手に分かれて移動しながら調査。
防波堤中ほどは反応が良かったんだけど先端まで行ったら無反応。
どうも港内の方が魚が集まっているみたいですね。
ここで少しサイズアップの20cmクラスをヒット。




サイズアップを期待しながら釣り続けましたが、ちょっと無理っぽい。
数は釣りましたから、二人とも満足して撤収。

距離がありますから、帰った頃にはすっかり明るくなっていました。
時期的にはシーバスが始まるかもしれないなーって時期。
通りがかりでシーバスポイントを覗きに行くと、数人の釣り人を確認。

寝ていないので、そのまま突入はやめたけど、夕方から偵察に行ってきました。
シーバスはおろか、ベイトフィッシュも見当たらない感じ。
まだ、先だなぁ。




2015-05-17 20:58 in 釣り日記 | Comments (2) #

2015年5月10日 (Sun)

連休が終わって


連休中に釣りに行った場所で、いろんな釣り人とお会いしました。
地元の人もいれば、隣県からの釣行者。遠方から帰省してきた人。
そんな皆さんと楽しい会話をしながら、あれやこれやと情報交換もしてきました。

その情報の中から、ちょっとしたポイントに狙いを付けました。
波止のために水面下ギリギリまで設置されたテトラ群。
周囲にはびっしりと海藻が茂っていて、とても普通の攻め方では手が出せませんが、その奥には大物が潜んでいるはず。
ここを攻略する手段を考えなければ。

とりあえず、市販されている雑誌やネットでいろいろな釣り方や釣りパーツ類を調べ、釣具店でいくつかを入手。
実際に使ってみて、その特性や使い勝手をチェック。
その上で、自分なりの釣り方を考えてみました。

普段は行かないような釣具店にも寄ってみて、他の店では手に入らなかった商品も購入して釣り場へ。
竿2本に別々のタックルをセットして突撃。

ところがっ!

夕方から風が落ちるって予報だったんですけどねぇ。
落ちるどころか、ビュービューです。
本来であれば風に強いって類のタックルなんですけど、風向きが悪い。
海際まで山が迫る場所なので、風が巻き込んで吹くので風向風速が安定しない。
海面の潮が風に引かれるし、斜め横からの風がラインを引っ張り、ルアーがよれよれ。。。

15cmくらいのメバルは釣れるんですけどね。
狙いのポイントにルアーを送り込むことができません。

予報になかった雨も降りはじめ、めっちゃ寒い。
クルマに戻って上着を防寒タイプにチェンジ。
荷物は置いてきたんだけど使っていた竿を持って行ったので、途中でキャスト。
21cmのメバルが出ちゃいました。



沈みテトラのポイントを諦め、こっちに移動。
キャストしたら、強風でラインがトラブル。
直してリールを巻きとると生体反応が!




見た目はソイとかメバルと同じような体型なんですが、色が黒っぽくてヒレが赤い。
その場ではわかりませんでしたが、帰宅後調べてみたらヨロイメバルと呼ばれる魚の様ですね。

その後、ねこ港に移動してみましたが、アタリはあるもののサイズは小型。
2回ほどテトラ際で大き目の感触を得ましたが、テトラに潜られてラインブレイク。
以前にも2回ほど切られているので、こっちの攻略法も考えないとなぁ。

降ったりやんだりを繰り返していた雨が激しくなりました。
竿に当たる雨粒の振動が、メバルのアタリと間違えちゃうくらい。
雷もピカピカしはじめ、風も暴風になってきたので撤収。
2015-05-10 12:20 in 釣り日記 | Comments (2) #

2015年5月1日 (Fri)

連休シリーズ第3弾


4月30日の釣行です。
ねこ港に入るつもりで出かけたんですが、なんとなくねこ港付近の海浜公園が気になって、こちらで始めてみる事にしました。

普段のタックルボックス&自動膨張のライフジャケットではなく、フローティングベストに必要な物だけ詰め込んで、ランガンスタイルで調査開始。

防波堤で釣っていた仙台から帰省中のお兄さんが、あっち凄いですよと教えてくれた。

はやる気持ちを抑えて、暗くなったら狙えないであろう、海藻の生い茂るエリアを攻撃。
1投目から25cmくらいのアイナメが来ました。
少し移動して、別の海藻エリアで15cmほどのメバル。
着水後すぐに当たってくるから活性の高い事が分かる。

いよいよ防波堤に突入。
先端に陣取るお兄さんの邪魔をしては悪いので、手前から始めてみたら、なるほどいいサイズが出る。20cmクラスが2匹。

これはランガンしている場合じゃないと、一度クルマに戻って通常体制に変更。

数匹のメバルを釣ることができました。最大サイズは23cmでしたが、お兄さんはもう少し大きいのも釣っていたみたい。



暗くなるとアタリが遠のいた感じ。お兄さんと話してねこ港へ一緒に移動。
相変わらず、ちびメバルの中から大きいサイズを拾い上げる感じの釣りではありますが、25cmほどのソイも出てくれました。




10時前くらいに、お兄さんが帰宅。
1人で釣りを続けていると、にわかに海面が騒がしくなってきたのは消灯時間直前。

ぼちゃんと大きな音を立てて魚が跳ねたので、そこへ向かって竿を振った瞬間にライトが消灯。
急に真っ暗になって何にも見えないけど、竿に伝わる感触だけで糸ふけを取り、そこからハンドルを2回転ぐらいしたところでドカンとひったくられるようなアタリ。
すかさず合わせると、ねこ港仕様で強めに締めているドラグがジーっと鳴きました。
ここの足元にはテトラに生える海藻が密生しているので、ドラグを出すとすぐに根に入られちゃうんですよね。
まして真っ暗なので、ひじょーにヤバい感じ。
とりあえず、竿を立てて魚を浮かすことを試みる。
水面直下のせめぎ合い・・・あー海藻に触ってる感じが・・・
ヘッドライトON テトラ際まで寄ってた。

引き上げると25cmのメバルでした。




久しぶりにいい感触でした。

帰る前に、もう一度海浜公園へ。
タックルボックスは持たず、竿とセットしているジグヘッドだけで暗くなってからも釣れるのかチェック。
15cmクラスですが、5投で3匹。じっくり狙えば、数は出せそうなのと、もしかしたらデカいのも出るかも? ってのを確認してきました。
今度は腰を据えて釣ってみよう。
2015-05-01 11:59 in 釣り日記 | Comments (0) #

連休シリーズ第2段


連休初日の4月29日は午後から出撃。
釣具屋さんでワームを購入してからねこ港に入りました。

青森市内からの釣り人さんもやってきて、二人で情報交換しながらアタリの出るレンジや反応の高いワームを探ってみました。

ねこ港の防波堤先端にはタイマーで自動的に点灯するライトがあるんですが、10時過ぎに消えちゃいます。
今までは電気が消えると魚も反応しなくなる・・・と言うのが、ここで出会った人たちとの共通認識だったんですが、それは本当なのか? ってのを検証するべく、二人で居残りしてみました。
水温上昇によるものなのか、潮周りなのか、月明かりなのか、原因は不明ですが、普通に釣れちゃいました。ってか、大き目サイズが出た。

大き目と言っても、最大サイズが22cmでしたけどね。



2015-05-01 11:28 in 釣り日記 | Comments (0) #

連休シリーズ第1弾


GWに2日間の休暇をもらって長いお休みになりました。
もっとも、期間中に数回の自宅待機の日はありますが・・・。

初戦は28日の夜。仕事が終わってから駆けつけました。
毎度おなじみのねこ港。

海の中には子メバルとフグと、時折回遊してくる30~40cmくらいのボラ様御一行が見えます。

ボトムではアタリが出ないので、中層から表層を引く感じ。
何かのタイミングで魚がボイルするので、大き目の音が聞こえた時がチャンスみたい。

ちびに混ざって15cm~20cmが数匹釣れました。



いつもタックルボックスに貼ったスケールの上に魚を載せて撮影してるんですけど、油断するとねこさんに持っていかれちゃうので、魚を置く前にねこさんを逮捕しておきます。




2015-05-01 11:18 in 釣り日記 | Comments (0) #