2013年1月13日 (Sun)

買っちゃった



磯釣りを始める前は渓流でルアー釣りしてました。
メインが磯になってからほとんど渓流には行かなかったんだけど、気が向いたときには行けるようにと車にパックロッドを積んでたんですね。
パックロッドってのは、振出し竿で仕舞寸法が40cm前後くらいと短く折りたためる竿のこと。
唯一のシマノ製だったんだけど、ある日の釣りで折ってしまって・・・安く売ってたダイワのパックロッドに買い換えました。

海のルアーを始めてからは、全然使う事がなくなっちゃって、部屋の片隅でホコリをかぶってた。
一時期はメバルなんかに使ってた事もあるんだけど、それもやらなくなってた。

色々あって・・・気晴らしに手軽な釣りでもしてみようかな。 なんて思ってた。

ふと、部屋の片隅の竿に目が行った。
メバルとかソイとか、近くで楽しめるじゃんね。

気になってたのは、パックロッドの硬さ。
適応ウェイトが1g~10gなので、メバル狙いのジグヘッドには強すぎる。
竿には、適正ウェイトとか適正ラインってモンが存在する。
硬い竿では軽い仕掛けは飛ばせないし、柔らかい竿で重い仕掛けは飛ばせない。
繊細な魚なら、穂先の柔らかさも重要な要素。
竿に魚種ごとの○○竿って種類があるのはそのためだ。
漁港の岸壁とか防波堤でやろうってんだから、使うのは2gとか3gのジグヘッド。
メバルやアジ専用の小物竿だと上が適正5gくらいか。

そんなことを考えつつ、道具を積んで釣具屋さんへ。
なんつっても、メバル用のタックルなんて持ってないからね。

特に急ぐ用事もないのでと、店内をブラブラしたのがいけなかった。

あるじゃない。 竿。 釣具屋なんだから当たり前だけど。

箱から出して、竿立てに並べられたロックフィッシュ用のコーナー。
有名どころの竿は、やっぱりお値段5ケタ。 無理。

好きな色合いで細身の竿があった。
グリップが無駄にカッコいい。
これはドコのメーカーだよ?

SOLID.TIP MODEL MOON LIGHT ROCKS 70UL-S LURE0.6~4.0G LINE:2~5lb

竿に書かれているのはこれだけ。 生産国すら書いてない。
カーボンロッドで、いっちょまえにソリッドチップ。チューブラーチップに比べて、感度は落ちるらしいけど、俺的にはこっちの感覚の方が好きなんだよね。
ガイドもSicだなぁ。
お値段。。。3680円。

これでいいんじゃね?

ジグヘッドとワームをいくつか買って、全部で5000円ほどのお買い上げ。

そのまま近くの漁港に行き、クルマの中で防寒服を着る。
買ったばかりのロッドに、リールをセットして10cmほどの積雪がある防波堤へ。
緊張の第1投。軽いジグヘッドが小気味よくぶっ飛んでいった。
あまり使ったことのないシングルハンドのグリップに多少の違和感を感じつつ、30分ほど釣ってみたが魚は無反応。

先客も帰ったし、後続グループも準備を始めた様なので場所を空ける。

帰る途中にある、なじみの港でもう一回。
こっちは釣り客さえも居ない。
ここでも1時間ほど投げてみたけど、寒くて耐えられん。

出来れば、新しい竿の釣り心地を感じたかったけど、それは次回のお楽しみって事で。
2013-01-13 00:30 in 日記 | Comments (0) #