2018年9月15日 (Sat)

いそ×4


また、行っちゃいました。
金曜の仕事が終わってから仕込みして出発。
まずは、途中の漁港でメバリング。
潮の時間帯は最悪だったんで、3匹程度でサイズも小さ目。
こりゃ、ダメだ~と思ってラーメン屋さんへ。

しっかり喰って磯近くの公園で仮眠。

4時に起きて磯歩き。
準備を整えると、ちょうどウキが見える明るさに。
潮も満潮に向かう一番いいトコ。
計算通り。

例によってメバル、イナダ、ちびマダイと高活性。
困ったのはサヨリとフグ。
エサが入らない。
それに先日の台風のなごりなのか、草がいっぱい流れてくる。

そんな中でいい感じのアタリが出たんだけど、ラインに草が絡みつき、根際だったからバチっと切れちゃった。
フグにもやられてたかな?

雰囲気はいいので、集中力を切らさずに釣りを続ける。
さほど時間を空けずにアタリ。

じわじわじわ・・・シュルシュルシュルー

アワセを入れるとドンと乗った。



34cmでした。
この磯で出るのはこのくらいのサイズまでだから、ちょっと気持ちいい。

その後はまたサヨリが湧いてきて、そして潮がパタッと止まった。
これは、どーにもならんぞ。

たまに当たればサバとかフグとかイナダとか。
風が出てきて潮が流れ始めるかってトコでエサが尽きた。

やむなく撤収。

一旦帰宅して寝る。
目が覚めちゃって、野球中継見て、もう一回出撃。
昨日、不調だったメバルを再調査。

天気予報もアメダスも風が無いのに、海沿いだけはビュービュー吹いてた。
どーすんだこれ。

俺の竿なら何とかなるかも知れんと、一応やってみる。
昨日、最後に遠投したくて付けてた1gのジグヘッド。
反応なし。

風強いけど、一番好きな0.75gにチェンジ。
向かい風では全然飛ばないけど、横風なら何とか投げられる。
追い風は、ぶっ飛んでく。
一番狙いたいのは横風になる方向。風の弱くなる瞬間を狙ってキャスト。

ツンツンって感じた。
喰わない。
ちょっと誘うと、またツンツン。
ゆっくり引くとガシっと喰ってきた。
20cmくらいかな。

その後は、忘れた頃に喰ってくる程度。
数は、昨日より出たけど、全般に小さ目。




やっぱり潮の時間は悪く、時合いが終わると反応も消えた。
1時間半くらいで終了。

今夜は、寝るぞ。
2018-09-15 22:54 in 日記 | Comments (0) #

2018年9月1日 (Sat)

いそいそいそー


隣の班長が言うんです。

前に居た職場の人に連れられて、浜名湖で何度かクロダイ釣りに行ったんだけど、一度も釣れなかったんです。

どうやら、大物狙いのポイントだったらしく、素人には難しいポイントだったらしい。
連れて行くんなら、釣らせてあげることを考えようよ。
とは言っても、そうそう簡単に釣れない魚であることも事実なんですが・・・。

浜名湖でやってたのとは釣り方が違うのでってことを説明し、それでも行きたいって言うんで夏休み中に2回釣ったポイントへご案内。

磯歩きは初めてらしいんで、荷物はリュックにコンパクトにまとめてもらい、竿も俺のロッドケースに入れて手ぶらで歩いてもらう。
暗い磯をゆっくり歩いて、予定通りに明るくなる前に釣り場へ到着。
道具を準備して、班長のロッドから組み立てる。
うっすら明るくなってきた磯で、一通り釣り方をレクチャー。
潮の流れを確認して、あの辺りに仕掛けを投げ込んでみてくださいと指示をして釣り開始。
じゃ、自分のロッドを・・・と思ったら1投目からヒット。
ちびマダイでした。
ハリを外してリリース。

俺のロッドはウキまでセットして、あとはハリスを付けるだけの状態で持ち込んでたんだけど、竿を出す前に2匹目のマダイ、エゾメバルを3投連続ヒット。
俺は、いつになったら始められるのか?

横目で仕掛けを打ち込むのを見ながら、タイミングを合わせて隣からコマセを投げ込む。
初めての磯で、自分でコマセは打てないだろうと俺が多めにコマセを持ち込んで、コマセを打ちましょうって作戦なんです。

ようやく1投目の仕掛けを打ち込むと、隣では早くも4匹目の魚を釣り上げる班長。
今度はメバル。めっちゃ楽しそう。

俺は、1投目からラグビー。
あれ? ウキ下深いのか?
ちょっとウキ下を調整すると、班長が釣ったのより少し大きいマダイ。

なんか活性高いっすなぁ。これは期待できるかも。
心中では思いながらも、風もあるし初心者には難しい潮なんじゃないかと不安はある。

予報では風は弱いはずだったんだけど、正面からの風が強くなり、仕掛けが磯際に押し付けられる感じ。
磯際で弾けた波が時折足に当たる。
潮自体は左から右。

班長はペースは落ちたモノの、ちびメバルをちょいちょい釣り続けてる。
俺の方にはフグも出てきてる。ハリを何本か持ってかれた。

満潮が近づいて潮が早くなる中、俺のウキに微妙な反応が出始める。
班長ごめん。 俺、マジモード入ります。
釣り座の右にある岩の張り出しを根掛かりさせないように慎重の乗り越えさせて流すと、ウキが沈む。
何度目かの流し込みでウキが明確に沈む。早合わせしたら乗らなかったんで、タイミングを慎重に見極めて、アワセるといい感触。
張り出しの向こう側で掛けてるんで、釣り座を移動して磯際から引きはがして張り出しを回しこんで手前サイドへ誘導。
そのまま釣り座に戻り、タモを手に取る。



33㎝のクロダイ。 今季最大。
って、偉そうに言うサイズじゃないな。

憧れのクロダイを前にして、自分が釣ったんじゃないかってほど班長興奮。
手に持って、写真撮ってたし。

その後、風は治まって静かな磯になる。
釣りやすくはなったけど、釣れる気もしなくなってた。

コマセに群がるサヨリを釣る班長。
五目達成。

一旦緩んだ潮がまた早く流れ始める中、俺のウキに異変。
いきなり横っ走り。
またイナダか? と思ったらウキの先から飛び跳ねる魚。
なんじゃ、あれは?
リールを巻きながら見てたら、跳ねた魚を追ってウキが舞い上がる。
そこそこ引くんだよね。
足元まで寄せると磯際を右へ左へ泳ぎまくる。




40㎝近くあったでしょうか。
俺史上初のシイラ。
もちろん子供ですが、こんなの初めて釣った。

夏泊半島の先端では、ルアーで釣れるって話は知ってたんですが、まさか釣れるとはね。

夕方には職場の歓迎会も予定されてるし、コマセも無くなりそうだったので俺は予定の時間で納竿。

あとは班長を全面バックアップ。
コマセが無くなってもやめようとしないので、10時になったら帰りましょうと時間指定。
残りの時間をめいっぱい使い切ったけど、残念ながら本命には出会えず終了。

帰りの磯歩き。
班長は何度も、おもしれー、たのしかったーを繰り返してた。
次はいつ行けるか、その時期ならここじゃないなど、次回釣行にも意欲的。

何とか、釣らせてあげたいな。
2018-09-01 23:28 in 釣り日記 | Comments (0) #

2018年8月18日 (Sat)

いそいそー


夏休みも終わりに近づいた。
天候に恵まれずあまり釣行できなかったけど、磯には2回行けました。

今回は単独での釣行。
なんだか眠れなくて・・・1時間ぐらいうとうとしただけで出発。
駐車場に車を停めると静かな海。
少し時間があるので車内で仮眠。
と思ったら、続々と車が入ってきた。
どうやらボートを出す様だ。

時間まで休んで、荷物を背負い一人で暗い磯を歩く。
およそ30分。

釣り場に着くと、風がそよそよと吹き始めてた。
準備が整う頃にはウキが見える程度に明るくなって、実釣開始。

いきなりウキが沈む。エゾメバル。
続いて手のひらマダイ。
メバルも来た。
アイナメ、クジメ。いろいろ釣れる。
コマセにはサヨリが寄ってきた。

山から顔を出した太陽が海面を照らし始めた。
風は、強くなってきた。予報よりかなり早いぞ。
ラインを操り、風の影響を受けないようにしなきゃならん。
これは、ちょっと神経使うぞ。

エサ取りも多いし、こりゃ面倒な釣りになりそうだなぁと思ったとたん、ウキがじわっと沈んだ。
デカいボラが泳いでるのが見えた。ボラか?

いや、これは本物のアタリ。



28cmだったけど、良く引いたなぁ。

風はさらに強くなり、ちょっとこの釣り座では釣りにくくなった。
竿だけ持って、数カ所で投げてみる。
うーん、思わしくない。

波が強くなったので、この一帯で一番足場の高い所へ移動。
仕掛けもBのウキに変更。
最初はサヨリ。
それからマダイ。たい焼きサイズ。
イナダの子供も釣れた。

根の張り出してるところでいい感じの喰われ方してる。
ここを狙ってみようか。

正解でした。




サイズダウンはしたけど、26cm出ました。

その後はサヨリの嵐。
満潮前後のゴールデンタイムが終わり、元気なのはサヨリだけ。
これで終了にしようか。

帰り道で青物狙いのルアーマンと出会った。
バイトはあったけど・・・って言ってた。

車で家に向けて走り出す。
ねむい。とてもねむい。

半分ほど走ったけど、限界。
サヨリ釣りで賑わう港の駐車場に車を入れて。。。zzz
2018-08-18 23:46 in 釣り日記 | Comments (0) #

2018年8月15日 (Wed)

いそー


1年半ぶりの磯に行ってきました。
満潮前後を釣りたかったんで、俺にしては珍しく午後から出発。
釣具屋さんで同僚と待ち合わせ、釣り場へ移動。

車を置いて歩くこと30分。
気温はそこそこ暑いってくらいなんだけど、湿気が多いのか汗が吹き出しました。
釣り座を決め、準備を始めたんだけど、いつまで経っても汗が引かない。

場所的に、ここで釣りたいってポイントに入ったんだけど、どうにもメバルしか釣れない。
いい感じではあるんですが・・・
少し離れた場所で釣っていた同僚がヒット!
28㎝のクロダイ。

その頃俺は・・・足場に潮が満ちてきて、やむなく小移動。
ポイントを作り直し、満潮時刻の5分前にそいつはやってきました。



33㎝でした。
続いてメバル。
ややおいてちびマダイも出てきてくれました。




日没時刻が近づき、暗くなる前に撤収。

別の港に移動して夜釣り開始。
最初は怪しげなアタリがあったんですけどね。
メバルばかり釣れてました。

そのうち、ウキがすぴゃ~っと走り出し、小サバの嵐。
防波堤先端に移動してみるも、やっぱりメバルと小サバ。

なんだか蒸し暑かったんですが、さわーっと風が出てきた。
暗い夜空に何やらヤバそうな雲が見えました。
スマホで雨雲レーダーを見ると、真っ赤な表示。

これ、イカンやつじゃね?

急いで道具を片付けて撤収。

久しぶりにルアーじゃない釣り。
やっぱ楽しいね。
2018-08-15 13:29 in 釣り日記 | Comments (0) #

2018年8月12日 (Sun)

タイヤ


タイヤ、パンクしました。
乗る前に気が付けなくて、走りはじめたらすぐに異音がして、完全に空気抜けてた。

一旦、空気を充填してみると、タイヤからシューシューと音がする。
鏡を使って見ると、何か細い釘みたいなのが刺さって、その脇が少し裂けてる感じ。
今朝、出かけた時に刺さって、ジワジワと抜けていたのかな。



俺のクルマはスペアタイヤが無く、タイヤ修理キットが付いています。
今まで使ったことがなかったので、説明書を読んで作業開始。
ボトルをよく振ってからホース付きのキャップを取り付ける。
電動コンプレッサーと接続して、ホースをタイヤに繋ぐ。
コンプレッサーを動かして空気と共にボトルに入っている白い液体を注入。
180mpaまで入れて、5kmほど走れと書かれてる。





とりあえず信号の少ない郊外へ向かって走り、公園入口の自販機前で停める。
ここなら、道路上じゃないんでね。
再びコンプレッサーを接続してタイヤ圧を規定圧まで上げる。
家まで戻りタイヤ圧を確認。 漏れてない。

翌朝、もう一度タイヤを確認して、タイヤショップに行ってみる。

元々付いていたのは純正タイヤで、ハイブリッド車用のエコタイヤ。
スバルXVは、俺のモデルからハイブリッドモデルが追加されたんで、ハイブリッドじゃない俺のクルマにも同じタイヤを履いているらしい。
いわゆるエコタイヤ。

一般的な車よりハンドルのギア比が大きくなってるってわりに、ハンドリングがイマイチな感じだった。
加速も、なんか鈍い感じだった。

それで、走行距離もそこそこで摩耗もあるんで、1本交換じゃなく4本とも新しくすることに。
パンクしなくても、早めに換えようと思ってたんで・・・予期せぬ時期にいきなりってのは痛かったけど、決めました。

お手頃価格なタイヤ、ちょっと高いけどエコタイヤはパス。
その昔、スポーツタイヤと言えばポテンザだったけど、俺のクルマは背が高いからロールが大きい。
だからと言ってミニバンタイヤにしたくもない。

アウトランダーで履いてたデューラーHPの後継モデルとして出てきたアレンザ001ってのが出てた。
ポテンザのSUV向けモデルな位置づけ。

これにしよう。
注文から1週間。
届きました。




タイヤ交換が終わり、店を出ようと発進したところ、ハンドルの回頭性が良い感じ。
加速したら、反応の良さに驚いてアクセル離しちゃった。

こんなに違うモンなのか。

ならし運転は必要なので、いたっておとなしく走ってますが、少しうるさくなった以外は好感触。
これだけアクセルの反応が良ければ、燃費もあまり悪くはないんじゃないかな?
2018-08-12 20:21 in XV日記 | Comments (0) #

Page 1/217: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »