2006年5月19日 (Fri)

Kuruwasetaino



今日はVORKSの吉祥寺S/R閉店セールらしく、昼にのこのこ行ったには行ったんだけど、うわぁ〜!とひいちゃうくらい長蛇の列。
あ、もういいです。いりません。並ぶ習慣ありません。
もうメシ食います。って移動して、その後PARCOに行ってブックセンター&HMVで買い物。で、無印良品で買い物。

帰宅して、早速HMVにて発見したDVD『狂わせたいの』を鑑賞。
「近年最も突き抜けた日本映画の娯楽大作。歌謡映画史上に残るイカれた映画」とサブタイトルがあるように、ぶっ飛んだ作品です。
こんなもんDVDになったんだ。すげ〜。
97年に初めて観た時、かなりえらいコトだと思ったよね。

ストーリーは気弱なサラリーマンが終バスに乗り遅れ、「ほこら女」に『まだ電車あるでぇ〜。』と言われ、「電車女」がいる不思議な電車に乗る。電車女は60年代ファッションに亀甲縛りで、乳首に鈴が下がってる。リーマンは電車女にいたぶられるが、ここでショータイム!山本リンダの「狂わせたいの」にのって真っ裸で踊り狂う。その後「タクシー女」や「居酒屋男」「女医」にボコボコにされ、ひき逃げの濡れ衣をかけられ、刑務所へぶち込まれる。
ここで本当のひき逃げ犯人の「面会女」ことロリータのキララちゃんが・・・。
毎日素っ頓狂な面会と差し入れを繰り返され、リーマンは楽しく狂っていく・・・。って内容。
http://www2.gol.com/users/fame/kuruwase/menu2.html

金井克子「他人の関係」、中村晃子「虹色の湖」など、ニッポン歌謡ポップス黄金期のめくるめくナンバーが、考えうる限りバカバカしい状況の中で歌い踊られる!あ〜もうたまらん!!
石橋義正監督の最高傑作。その後「キュピキュピ」「OH!Mikey オー!マイキー」撮ったヒトね。
で、この『狂わせたいの』は旧池ポのメンバーであるUとTちゃんも一緒に鑑賞。どちらもぶっ飛んでました。

で、今日のお仕事。
ホワイトマジック・モーニングの飴ちゃん。
いかがなもんでしょう?
2006-05-19 23:48 in @nai's #

2006年5月18日 (Thu)

 Popular person!?



なんだかドラキュラのドラちゃんが、思いのほか人気者ですな。
それではサービスで追加画像!
で、彼女は本日オーダーした方のお宅(九州)へ旅立っていきました〜。

なんか今日は寒かったっすね。世間もマイミクの方々にも風邪気味多いみたいで・・・。気をつけましょうね。と、言いつつも意外と鼻声って好きだったりするんだけどね。
「何?」って言って〜!というと「ダニ?」って言うみたいな。
いろいろ言わせて遊びたい。(あ、今風邪気味の方が読んでたらすみません〜!)でも「妹子って呼んで!」とか言わせたい。

みなさん、この時期の風邪にも気をつけましょう!・・・と書いておく。

2006-05-18 23:50 in @nai's #

 Child who can do if it does.



ん〜〜、ひさしぶりに牙を作りました。
でも、今回は露骨に見えちゃう吸血鬼みたいなのでなく、角度を変えて見ると「ん?」程度の牙。
『Interview with the Vampire』みたくクチあけたら、きゃぁ〜〜〜みたいな・・・。
しかもナゼか深夜に・・・。これもそんな気分でってコトで。
がんばれ!やれば出来る子なんだから・・・。
2006-05-18 10:06 in @nai's #

2006年5月17日 (Wed)

Resident's card



ん〜、いいかげん住民票を移動しなきゃってコトで、今日は役所に行って来ました。武蔵野市から三鷹市。
徒歩2分で武蔵野市なんだけど、三鷹市は三鷹市。
で、住民票取る時はいくらかお金払うのに、転出証明書は只なのね。
産まれた時は別府市民。大分市民から名古屋の昭和区民、その後は武蔵野市民。で、三鷹市民。
でもバイクはす〜っと大分ナンバー。あ、税金払わなきゃ。

しかし・・・新型のGSX-R1000ってとんでもないっすね。
乾燥重量166kgで178ps/11000rpm。パワーウエイトレシオが1
切ってるじゃん!(興味ないヒトにはさっぱりだと思いますが)
http://goobike.com/learn/report/3/1030085/31030085.html
でも、バックミラーにウィンカー内蔵はかっこわるい・・・。
やっぱオレのが一番かっこいい。

なんだかんだで今月も終わりまで動けそうにないなぁ。
渡米はいつになっちゃうんだろ?・・・。
あ、鳴門金時キャラメル食おう。




2006-05-17 22:17 in @nai's #

After all, it was scolded.



これは15日のblogです。

今日は奥田瑛二監督の新作「長い散歩」の初号試写。
今月最初に曜日感覚が吹っ飛んでて、ゼロ号試写をぶっちぎったので、今回はキチンと行かなきゃ殺されます。

14:30 IMAGICA
http://www.imagica.com/
まずは先日の件をプロデューサーの渡邊さんに謝罪。
前回はオレのせいで試写のスタートが15分遅れたそうです。申し訳ない!。しかも行かなかったし・・・。
ともあれ、今回も身内だけの試写なので20名程度。

奥田監督と奥さんの安藤和津さん登場。オレを見つけて「@nai〜!今日はちゃんと来たんだな。」すんません、すんません!!殺さないで!
でも今日も遅刻がいて、10分遅れでした。
上映スタート。海外上映用のフィルムなので、英語字幕入り。

内容は・・・学校の校長をしていた安田(緒形拳)は、典型的な日本のオヤジで、一人娘の教育はもとより家庭の事は奥さんに任せっきりだったため、当たり前の様に家庭崩壊。
奥さんが亡くなった時点で自宅を娘に譲り、一人で安アパートに引っ越す。
隣に住むオミズの女(高岡早紀)は、挨拶さえしないヤサグレ。

引っ越した初日の晩。深夜に隣の音で目が覚める。
ヒモらしき男が来て、子供を外に追い出してイチャついている。
そっと窓を開けてみると、5歳の女の子が汚れた服、ダンボールで作った羽をつけ、裸足で階段に立ちすくんでいる。

翌日、階段で遠くを見つめる女の子を見かけると、ヒモの男に撫でられる事を嫌がり奇声をあげて、裸足で駆け出して行く。
追いかけて行くが、老齢なのでついて行けない。
またその晩も女の子が虐待されている音を聞き、翌日から身体を鍛える事にする。走って、河原の大きな石を持ち上げ、竹を木刀くらいに切って、昔を思い出して剣道の型を練習。

優しく声をかけても、心を開かない女の子を日々追いかけ、河原にある彼女の基地(!?)で一緒に過ごすうちに、少しだけコミュニケーションがとれるようになる。でも彼女はまだ名前はおろか、会話もしてくれない・・・。

そんなある晩。酔っぱらって帰ったヒモから逃げた女の子を助けた安田は、一緒に旅に出る。それは結果的に「誘拐」という犯罪になってしまう事を承知で。「じゃあ虐待は犯罪じゃないのか?・・・」
そしてその旅は失ってしまった安田自身の家族へのオマージュとも言える行為であり、自己再生の旅となる。

と、まぁ、奥田監督曰く「かっこいい老人を描いた」作品でした。
観賞後、奥田監督としばしディスカッション。
他のお客さん達は和津さんがお相手してました。外国からの方もいたんだけど、和津さんって英語話せるのね。なかなか流暢でした。

高岡早紀の虐待母ぶりは野村芳太郎監督作品「鬼畜」での岩下志麻を思い出させる。米粒をこぼしながら食事する幼児にキレて、クチにご飯を押し込むシーンなんか恐ろしかったもんね〜。
「鬼畜」では旦那が緒形拳さんだったしね。

いやいや、奥田さんって愛のある作品作るよなぁ。
キャストは杉浦花菜、松田翔太(松田優作の息子)他。
http://eijidokudan.blogzine.jp/dokudan/
公開は2006秋予定

2006-05-17 01:46 in @nai's #

2006年5月16日 (Tue)

「Darling Diva」



そうそう、CWCのブライス5周年ア二バーサリーイベント「Darling Diva」が開催されます。http://www.blythedoll.com/jpn/news/index.html
約100組のファッションデザイナー、ドールクリエイター、イラストレーター、ミュージシャンがスタイリングした世界に1体のブライスが東京・青山のスパイラルガーデンにて2006年6月23日(金)〜 7月2日(日)まで展示。

で、今回@naiがカスタムしたのは豆千代、Arp、Neneh xxx、anetmonet、pile-poil 、P@G、bean's、@nai&SAKI、他・・・。乞うご期待!

それから、6月6日(火)〜 6月25日(日)に代官山はJunie Moon and gallery LELEにて「Variety Fair」も開催。
ここでは@nai&by.echo* とKorisu Factoryのカスタムを担当してます。
興味のある方は是非〜。

2006-05-16 23:57 in @nai's #

PV(Promotion VODEO)



さて、実は我が家にはCDよりVIDEOやDVDの方がいっぱいあるんですな。しかも映画よりPVが多い。
VIDEOのほとんどはHIPHOPやSeoul。ほぼ海外で買って帰ったもの。いわゆる black contemporaryってヤツ、他はアニメの海外版やVシネ。
DVDは映画をはじめ、PVやライブね。
なんだか昔から音だけより、映像&音のヒトみたいです。

で、今日のBGVは懐かし系。
レベッカ/RASPBERRY DREAM/MONOTONE BOY
パール/GOLD RUSH
米米クラブ/PARADISE
エコーズ/TUG OF STREET(でも辻仁成はキライ)
ユニコーン/SUGAR BOY
PERSONZ/SPEEDSTER/GENERATOR/DEAR FRIENS(JILLって痩せないのかな?)
で、エコロジー(!?)に『DEEP BLUE』
あ、あとスタジオ・ジブリとCHAGE&ASKAのコラボの『ON YOUR MARK』
しかし・・今後はブルーレイとHD-DVDのどっちになんの??

で、今日の晩飯はインド料理。帰りにリコライス噛んだら歯磨き気分。ま、歯磨き味なんだけどね。ウゲ。

2006-05-16 23:36 in @nai's #

2006年5月12日 (Fri)

The eel is delicious!




ウナギって旨いよね〜。
地方や店によって焼き方が違うし、秘伝(!?)のタレの味も違うけど・・・。生きてて良かったと思う味のひとつです。
基本的にゴハンにぶっかけたり、乗せてる食べ物が好きなんだな。

香港に行った時、一緒に食事した香港人達が円卓に乗った料理を一旦ごはんに乗せてから食うのを見て、「それは正しい!」と、勝手に納得しちゃったオレです。
普段別々に食ってる料理も、乗せちゃった方が旨そうなものって多いよね。ハンバーグも焼き肉も、牛丼みたくのっけて食いたい。
いや、食いましょう!

オレの友人でウルトラマンシリーズ等の監督やってるOくんのお母さんは、彼が子供の頃カレーとクリームシチューの区別が曖昧だったそうです。
確実に間違ってたのは、皿にご飯を盛ってカレーもシチューもドまん中からぶっかけてた事。ルーとご飯を左右に盛りつけるって考えが全くなかったみたいね。シチューはそれ以前の問題だけど。
でも、ぶっかけて食うのが好きなオレ的には、それはアリ。

Oくんがちょっと困ってるのは、レストランでクリームシチューをオーダーする時。
「ライスになさいますか?パンになさいますか?」もちろんライス!(出来ればドまん中からぶっかけて下さい!)と心で叫んでしまう事らしい。わかる!でもちょっと恥ずかしいよね。

そうそう、カレーとクリームシチューって食材似てるでしょ?
Oくんはどちらも大好物だったけど、最期にルーを入れるまでどっちになるかわからないのがドキドキものだったそうです。
なるほどね〜。

ちなみに我が家の母は、たぶん料理がそんなに上手ではなかったようで、特に揚げ物はとことん揚げちゃいます。
エビフライなんてこんがり以上にきつね色を越えちゃってました。
なので、普通に適度な揚げ具合のエビフライがもの足りない気がするオトナに育っちゃいました。

各家庭の食文化って恐いような、面白いような・・・。
2006-05-12 23:53 in @nai's #

 『YF』Blythe ten



以前にも書いたけど、南青山の『YF』は5月31日まで。
http://www.yfbbb.com/
「Blythe ten」だけに10体展示してるんだけど、オレのカスタムは4個ね。それがどれかはじっくりご確認下さい。

さて、社会復帰して今日は宿題&アニバ用のスタンドベースを作りました。
それから奥田瑛二監督の事務所ゼロピクチャーズより電話。
最新作の「長い散歩」(主演=緒形拳)の初号試写の知らせが来た。
先月のゼロ号試写の時に日程間違って行きそびれたんで、今回はキチンと行かなきゃね。いやホント、奥田さんに怒られる!
でも、前回は青山の試写室だったけど、今回は環境的には遥かに良いイマジカ。楽しみ〜。

そうそう、最近ゴタゴタしてたので曜日感覚がすっとんでたみたいで、今日は一日金曜日だと思ってました。礼服をクリーニングへ出しに行った時に発覚。その後子分のUにも言われて再確認。
びっくりびっくり。

今日のBGMは「KAMIKAZE TAXI」「トラブルシューター」
BGVは「泉谷しげる/ハレルヤ」「ENIGMA」「SALTiMBANCO」「倖田來未LIVE」

2006-05-12 00:50 in @nai's #

 Funeral of LUCKY.



1泊(!?)2日でラッキーこと川崎真弘さんの葬儀に行って来ました。

まず、この画像の2人が出会って36年ず〜っと仲良しカップルだった2人です。撮ったのは愛娘。すっげー良い写真でしょ?

9日18:00より通夜。
念のため、15時には千葉のホテルにチェックイン。
そのまま斎場へ。報道関係の受付をやりつつ、多くの方々と再会。
祭壇の周りにはえらい数の花と有名人や仕事関係者の札が並ぶ。
たぶん参列者は400人くらいはいたんだろうなぁ。焼香も時間がかかるよね。
22:00にはとりあえずの精進落し(会食)も終わり(?)、故人との関係の深かった人達だけが残った。それも数十人。

更に終電も終わった25:00
まだまだ残った(オレを含めた)十数人が集結。
竜童組他ミュージシャンの方々と20〜30年来の飲み友達や遠方から来てくれたファンと奥さん&娘さん。
テーブルのまん中に川崎さんのグラスを置いて、何度も献杯して飲み続け、笑って泣いて笑って笑って・・・。
オレがまだ中・高校生の頃に聞いてたバンドのメンバー達と、談笑して酒を酌み交わす。なんか不思議だよね。
結局オレは27:00で退散。ラストは朝5:00だったそうな。

9:00起床!11時には斎場に着き、12時から告別式。
ミュージシャンや映画人の弔辞は、一般のそれよりも遥かに深く心に響く。過去の経験上、そうなんです。
この日の弔辞は宇崎竜童氏と小室等氏。
宇崎さんは涙を溜めて、絞り出す様な声で「ラッキー、君は今どこにいるんだ?君に会いたくてみんな集まってくれてるよ。(中略)
君には感謝の言葉しか浮かばない。君は確実に天国へ行けるけど、オレはどうだかわからない。だからオレがそっちに行く時に、こっそり裏口を開けておいてくれないか?(後略)」

奥さんからの謝辞は「私達親子は誰よりも頑張ったし、彼の事が大好きでした。とっても楽しい36年間でした。(中略)私達はまだ頑張って生きますから、見守っていて下さい。」
棺に献花して、出棺。一緒に火葬場まで行く。
約50名に見守られて棺が扉の向こうへ・・・。
約1時間後、骨上げ。斎場へ戻ってから、ご家族と次に会う約束をしてから解散した。

日頃スーツなんか着ないオレなので、特に足が疲れました。
やっと日常に戻ります〜。


2006-05-12 00:48 in @nai's #

Page 387/390: « 382 383 384 385 386 387 388 389 390 »