2017年7月20日 (Thu)

Factory Blythe



先週末あたりから、かなりバタバタと忙しくなりまして、寒暖差アレルギーも再発しちゃって少々ダウン気味な@naiです。

さて、今回は時々話題になるファクトリーブライスと言われる、いわゆる正規品でないブライスの事について・・・。

今年の春あたり?から出回ってるファクトリーブライスは、以前のように露骨に髪色・髪質が違ったりボディの仕上げが雑だったり、「少々ブライスを知ってる方」であれば見分けられるレベルでは無く、おそらくオリジナルの金型・そうでなくても精巧に型どりした金型から作られているようで、もう「少々ブライスに詳しい」レベルでは見分けられません。

ま、正規のブライスショップで未開封のもの購入すれば、間違いなく本物なんですけど、そのショップが開封済みを買い取るお店で、オリジナルの箱・衣装が付属していない場合は「確実に本物」とは言えなくなるし、オークション等の場合でも未開封でない場合は判別は難しいでしょう。カスタムされていたら、もっと難しい・・・。

写真だけではほぼ判別不可能なんですけど、どこが違うかというと・・・。
*両脚(膝より下)を鷲掴みにして横に動かしてみると、露骨にオリジナルより柔らかい。

残念ながら、「一般的な方」が判別できそうなのはこれぐらいです。
だから、少々詳しいショップでも気づかずに買い取ってしまうでしょうし、知らずに売ってる場合もありえるという事ですね。

もう少しブライスに詳しい方・少々カスタムとか分解・組み立てが出来る方が判別出来る違いは・・・。

*アイチップ4色のうち、3色か2色の凸部分の突起が短い。しかも金型のランナーから切り離した部分が雑なので、歪がある場合が多い。
成形も曖昧なので、オリジナルのように眼球にピッタリ納まらない。
(でも、社外品やハンドメイドのアイチップに交換してたらもうわかりません。)

更に上級の方だと・・・。
*オリジナルと比較して瞼パーツが厚く、仕上げが雑(特に左右)。その影響で、普通にスプリング外してヒモに交換しても、瞼が下がってしまいます。(でも、これはオリジナルのラディエンス、ラディエンスプラス等でも起こる事なんですが、同じ解決方法では無理)
*Tバーの形状が、これまでのどれとも違う。
*ローテーションロックのヒモの通る穴が狭く、形状が若干違う。
*眼球の材質が若干柔らかく、パーティングラインの仕上げがオリジナルより雑。

詳細に比較すると他にもあるんですが、オリジナルのパーツとの互換性もあるため、組み合わせてしまったら、かなり詳しい人でも判別出来なくなります。

そのうち、もっと精巧な偽物が出てくるかも・・・。



2017-07-20 04:37 in @nai's #