2013 08月 23日

Sleep eye



昨日はホラー映画の話題だったんですが、なぜ好きなのか?って考えてみたら、子供の頃からマンガも映画もホラーが身近だったからなんだと思われます。
小学生の頃は、もっぱら「赤ん坊少女」とか「猫目小僧」楳図かずお先生のマンガを読みまくっていて、そのまま「恐怖」「おろち」「イアラ」に雪崩れ込んだんですよね。

映画では、中学生の頃の「エクソシスト」から始まり、「悪魔のいけにえ」「キャリー」「サスペリア」「ペットセメタリー」「ヘルレイザー」「シャイニング」「ミザリー」などに続いた世代。
テレビでは夏場に「怪奇十三夜」なんかやってましたね~。
珍しいところでは、ロシア映画の「魔女伝説ヴィー」なんか好きでした。

そんなこんなで、けっこうな数見てると、最近のホラーは邦画も洋画もドラマもパターン化しちゃってる気がして、子供や髪の長い女が立ってても、ゾンビや化け物が登場しても「またですか」ってなっちゃってるのかもしれません。
だから怖くないんだろうなぁ・・・。



話は変わって、ブライスのカスタムの多くがスリープアイになってるワケですが、このスリープアイの瞼を上げるヒモの取り出し方には3パターンありますよね。
まずは、アイチェンジのヒモと同じ穴からヒモを2本とも出しちゃうパターン。これは数年前までやってたんですが、今はやってません。
というのは、このパターンだと稀に内部でヒモが編まれてしまってアイチェンジ出来なくなる可能性があるからです。

次に、瞼を上げるスプリングがかかってる四角い穴から出すパターン。
これは1度もやってません。
四角い穴のエッジによって、そのうちヒモが切れる可能性があるから。

で、今はもっぱら新たにスリープアイ用の穴をあけて、取り出すタイプにしてます。これだったらヒモが絡む事も無く、切れる可能性も低いから。
2mmのピンバイスでクルクルッと穴をあければOKです。

で、使用するヒモはというと、メルヘンアート㈱のアジアンコード・極細が気に入っております。色も豊富にありますが、もっぱら白。
通販もしてるので、是非どうぞ~。




03:32 in @nai's | 編集
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除