2011 08月 31日

YUFUIN CINEMA FES vol.2



25日。泊まった宿は2DKの一軒家だったので、1つの部屋に2名(東京乾電池)。もうひとつの部屋にオレを含めて3名(大学生)が寝ていたら、最後に辿り着いたHさん(60代男性)が、その間の廊下に布団を敷いて寝たんですが・・・脅威のイビキがスタート!(しかも無呼吸症候群の疑いアリ)
オレは早朝4:30に起きてしまい、そのまま風呂(温泉)に入ってからパンフレット読みつつ朝を向かえました。写真のとおり真っ青な空!
で、Hさんが起床。率直に病院で検査した方が良いよと伝えると、「うるさくて眠れなかったですか?」と聞かれたので、他の連中にも確認して問題があるようだったら、部屋の変更をしましょうと提案。
で、聞いてみたら・・・みなさん「大丈夫です」と答えました。
ん?大丈夫??我慢出来るって事なのかな??あ、そう。
ところが、午後になって事務局に部屋を変更して欲しいとの希望があったそうな。だったらHさんは一番奥の部屋に1人で寝ていただいて、ドアも締めたらかなり解決するはず・・・。実際そうでした。


8:30amまでに公民館に集合して朝食。9amからは会議です。これから毎日このパターン。それぞれのスタッフに割り振られたスケジュールにそって動く事になります。
1作目の上映は『必死剣鳥刺し』豊川特集の最初ですね。
オレはこの時間フリーだったので鑑賞するべく席に座ったのですが・・・朝早く起き過ぎたせい(?)で、15分後に爆睡。2作目『犯人に告ぐ』は販売担当。
夕方になって、豊川悦司の舞台挨拶を待つべく前作の上映中から行列が始まりました。ここで知人夫妻が到着したので、映画祭のシステムを説明。
続いて妹夫婦が差し入れもって来てくれたので、一緒に豊川さんご一行の到着をお迎え。すぐに舞台挨拶準備のためステージのセッティングチェックやマイクチェック。


司会担当の紹介で豊川さんが登場すると、満席の会場から一斉に歓喜の声ですよ。さすが人気ありますなぁ。
『今度は愛妻家』上映後に(トークショー的な)シンポジウム。
通常は2Fの会議室へ移動してシンポジウムをやるんですが、確実にパニックになりそうだったので、今回はホールのままの開催となりました。
その後、湯の竹庵へ移動して初日のパーティー。
なぜだかオレ一人でパーティーの受付って事になっていたので、催し自体は全く覗かないまま門番状態。
翌日のゲストである俳優の光石研さんが、マネージャーと一緒に会場へ向かう途中で迷ったとの連絡が入りまして、彼の宿からのルートで想像される道を捜索。
結果的に想像以外の方向に行ってしまってたのが確認され、別のスタッフが救助して会場に無事到着。
パーティーは無事終了。スタッフ&ゲストは2次会へ移動。
2amに終了して、明日に備えます。(つづく)



00:02 in @nai's | 編集
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除