2008 07月 22日

How to...



今でも日々カスタムの方法は変わってますが、その次点での方法をアップしていこうかと思ってます。参考になれば幸いです〜。

今回は『正しいグラデーションアイの塗り方』
準備するのは、カラコン(デフォルトでも同じです)
幅5mm程度のタイラップ(割り箸や棒でも問題ありません)
幅5mmの両面テープ
ホログラムシート/テープ(接着面は無くて良いです)
穴開けパンチ(事務用で問題ありません)
エアブラシ/塗料(黒)

かなり無理矢理な英語を駆使してflickrにも説明してみました。
http://www.flickr.com/photos/8502286@N04/sets/72157606270372935/


A &B:タイラップ(棒)両面テープを貼りましょう。

C:塗装するのは裏側ですからコンタクトの正面側を貼ります。

D&E:黒をエアブラシで塗ります。この際、半分を黒く塗るのでは無く、三日月型を意識しながら外周を濃く、中心に向かっては薄くなる様にブラデーションで塗りましょう。

F:ホログラムを準備します。透明なコンタクトには色のついたホログラムでバリエーションを。色つきのコンタクトの場合は、基本的にシルバーを使います。

G:穴開けパンチを準備しましょう。我が家の場合は1穴用を使っています。
ホログラムをパンチに入るくらいに折り畳みます。
コンタクトの直径も考えて、あまり細かくたたまないように・・・。

H:折り畳んだホログラムシートをパンチに挟んで穴を開けます。

I&J:このホログラムの場合、裏表で色が違うので、Fで説明したように使用します。

K:塗り終わったコンタクトの突起(瞳部分)を穴に差し込みます。

L:必要無い外周を丁寧にカットして完成〜。
眼球に組み込む際は、グラデーションが無い場合には上下がありませんが、塗装した場合には濃い方が上になる様に。表面には指で触った時に付着した皮脂や、小傷がある場合もあるので、コンパウンドやティッシュ(約3000番の耐水ペーパーの代用になります)で磨きましょう。


はい!奥行きのある深い瞳になったでしょうか?
やってみて下さい〜。



14:37 in @nai's | 編集
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除