2007 08月 29日

 Growth record



さて、約一週間の留守番をしていたGizmoの状況はというと、約320gほどだった体重は480gとなり、160g成長!!
手足もしっかりして、走る事もジャンプする事も出来る様になり、オレの顔面への猫キックも徐々にパワーアップしております。
でも、家族だと認識しているので爪をたてたりしない賢いヤツです。


我が家へ来た時はあんなに食が細かったのに、良く食って寝て走り回って、病院へ駆けつけた事が嘘の様・・・。
それでもまだまだ赤ちゃんだし甘えっ子なので、遊びまくった後は寄って来て、抱き上げると安心して寝ちゃいます。
一旦寝たら、少々いじっても起きません。
猫って人間じゃ無理だったり苦しい体勢でも、がっつり寝る事が出来るんですよね〜。面白いくらい・・・。


起きて走り回ってる時の肉球は冷たいのに、寝起きの肉球は暖かいんですよね。ふっしぎ〜。
Gizmoの肉球は小豆色で小豆サイズなので、アズキにしか見えません。(今度並べて写真取ってみよう)


そうそう、これまで何度かラディエンスのガチャ目(左右の視線がズレている状態)の修正方法の問い合わせがありました。
皆さんいろんなサイトで見た修正方法を試している様ですが、あまり的確な事を記載しているサイトが無い様です。

とりあえず原因について・・・。
金型に樹脂を流し込む場合、金属とはいえ高圧で繰り返し流し込まれると削られていくんですね。
減ってしまった金型から作られたものは、本来のサイズより大きくなります。逆に新品の金型だとそれよりも小さくなる。

ラディエンスはアイギミックのほとんどのパーツを、スペリオールと共通のものを使っていますよね。
特に眼球の左右と軸の3個のパーツに関しては、当然形状も違いますので金型が消耗するタイミングが違います。消耗の状態に関らずお互いのパーツを作り続けても相性が狂って来ますし、消耗した順に新しい金型にしても結果的に3個のパーツの相性がバラつく。
これがガチャ目の原因です。

単純に相性の良いパーツに組み替えれば問題無いので、我が家ではそうしていますが、予備パーツを持っている人もそんなにいないと思いますので、あれこれやっているんでしょうね。
失敗して修復不能にならなければ良いのですが・・・。


22:00 in @nai's | 編集
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除