2007 08月 29日

Yufuin Cinema festival 2



さて、23日(初日)です。
避暑地だけに涼しく、エアコン無しでもぐっすり眠れるのに、早起きして朝風呂(もちろん温泉)入って、ミーティングへ。
「越前竹人形」「小太刀を使う女」「女殺油地獄」と、大映京都をはじめとする中岡源権氏が照明を担当した作品の上映に続いて、青山監督の新作「こおろぎ」の試写。
「こおろぎ」上映後のシンポジウムを終え、亀の井別荘/湯の岳庵
にてこの日のパーティー。
24時からは雪安吾にて2次会。またまた青山監督はベロンベロンになり25時解散。


24日、「疵千両」「利休」「なみだ川」「怪談雪女郎」の上映とシンポジウム。女優の藤村志保さん、大映の黄金時代を支えた田中徳三監督、美術監督の大御所である西岡善信氏、照明の中岡源権氏を迎えてのパーティー。湯布院民芸村にて、司会はオレの担当ね。
2次会では翌日上映の「かぞくのひけつ」脚本の吉川菜美さんと暫しお話。


この映画祭期間中のGizmoの世話はTomoちゃんの担当だったので、逐一メールで連絡が来ます。動画のメールは映画祭スタッフにも大好評でした。この時期1日10g体重が増えるらしいから、帰ったら大きくなっちゃってるんだろうなぁ。

25日、「彼女だけが知っている」「見上げてごらん夜の星を」、その後は特別試写で小林聖太郎監督の「かぞくのひけつ」、石井隆監督の「人が人を愛することのどうしようもなさ」の上映とシンポジウム。この日のパーティーは、ゆふいん麦酒館。翌日上映作品のゲストである若松孝二監督、ARATA、平山秀幸監督、柄本明さん他も参加。ゲストも多くなり、盛り上がって来ました。



00:16 in @nai's | 編集
エントリーの編集

Ready to edit this entry.















  削除