2015年12月12日 (Sat)

veterinary clinic



昨晩の事。ギッちゃん抱いたままTOMOちゃんに猫キックしてたら、あれ??
ギッちゃんの右頬に小さなハゲがある??よく見ると小さなイボっぽいものがある・・・。
ネットでいろいろ調べてみたけど、こんなのって見るほど不安が募るものなので、翌朝に病院へ行ってみる事になりました。

ギッちゃん、病院って・・・7年ぶりくらい??
ということで、いつものように夜行性の仕事したまま、午前中に近所の動物病院へ。
我が家から数十メートル歩いたあたりから、様子がおかしいと気づいたのか猫バッグの中でニャアニャア文句言い始めました。

病院に到着すると、先着のゴールデンレトリバーとシーズーがいまして、バッグ越しにご挨拶・・・しませんで、なんだこりゃ?って感じでした。



で、ギズモさんが呼ばれまして、先生に診てもらおうとしたら、やっぱりちょいと威嚇したので、オレの膝の上で説明をうけました。

まず細菌性のものでは無いようで、小さいけど良性の腫瘍なのか悪性なのかは組織を取って検査が必要だけど・・・ギッちゃんが痛そうでも痒そうでも無い事もあるので、おそらく問題ないでしょう。
今後大きくなったり気になるようだったら、再度受診してその時に良性でも悪性でも取っちゃいますということでした。

で、ハゲてるんじゃなくて、毛の隙間から出てるからそう見えるだけだそうです。
担当の先生自身が猫3匹飼ってるそうで、腫瘍の専門らしいので頼りになります。
入れ替わりで、お婆ちゃんがアメリカンショートヘア連れて来てたんで、ご挨拶・・・しませんでしたけど、あちらは16歳だそうで、おとなしい子でした。

そんなこんなで、帰宅すると即飛び出して「ひどい目にあったよ・・・」ってテレビの上へ。
写真の生後6か月の頃、避妊手術した時以来も病院。4年前の引っ越し以来の外出だったんで疲れたみたい。

やっと寝られると横になったら、今度は年に1回の排水管のチェックが来ました。 う~~・・・・。




2015-12-12 21:50 in @nai's #