2006年9月30日 (Sat)

LITTLE BLACK SAMBO



むかしむかし ちびくろさんぼ という なまえの おとこのこが いました。

おかあさんは ぶらっくまんぼ といいました
そして おとうさんは ぶらっくじゃんぼ といいました。
おかあさんは ぶらっくまんぼ といいました
そして おとうさんは ぶらっくじゃんぼ といいました.

ぶらっくじゃんぼは いちばにいって ちびくろさんぼに すてきなみどりいろのかさと そことうちがわがまっかな すてきな むらさきいろの くつをかってあげました。

ちびくろさんぼって かっこいいでしょ?

・・・・・・中略・・・・・・

ちびくろさんぼと ぶらっくじゃんぼと ぶらっくまんぼは みんなすわって ばんごはんを たべました。

ぶらっくまんぼは 27こ ぶらっくじゃんぼは 55こ ほっとけーきをたべました。
でも ちびくろさんぼは 169こも ほっとけーきをたべました
だって ちびくろさんぼは とっても おなかが すいていたものですから。
 おしまい

てなコトで、「さんぼのヤシの木」を買いました。
しかし・・・いまだに思うんだけど、虎のバターが山ほど手に入ったからって、山ほどホットケーキ焼かなくてもねぇ・・・。

しかも子供の頃なんて、ホットケーキはバター焼いたら出来るのかと思ってたもん。

で、ついでなので懐かしPV

Jigsaw - Sky High
http://www.youtube.com/watch?v=dxOyYRetp9I

T.Rex - Get It On
http://www.youtube.com/watch?v=mlVU4HsIJds

Blondie - call me
http://www.youtube.com/watch?v=OSzYoBGOBn4

Shocking Blue
http://www.youtube.com/watch?v=F6l2sQi7fIs

Michel Polnareff - Holidays
http://www.youtube.com/watch?v=tOtYl6dtahg

The Rubettes - Sugar baby love
http://www.youtube.com/watch?v=XyIMi3uTpBQ

Supertramp - Breakfast in America
http://www.youtube.com/watch?v=j1x_jzzjscc

Player - Baby come back
http://www.youtube.com/watch?v=DBmWBuwSZLM

The Runaways~"Cherry Bomb!"
http://www.youtube.com/watch?v=RrbmqFCUBjQ

Bay City Rollers - Saturday night
http://www.youtube.com/watch?v=ZWnPhMRFB8o

Kajagoogoo - Too Shy
http://www.youtube.com/watch?v=ezqWzhCvuWM

Culture Club-Karma-Chameleon
http://www.youtube.com/watch?v=Aa11SBoXJZI

Physical
http://www.youtube.com/watch?v=G2xuh0gAqkU

Dire Straits "Money for nothing"
http://www.youtube.com/watch?v=JAOieDBIUx8

asia - heat of the moment
http://www.youtube.com/watch?v=sGeF3dvqZj8


2006-09-30 18:48 in @nai's #

2006年9月29日 (Fri)

Gonna hit the sack.



もう寝ます。って最近に始まったコトじゃないけど、ちょっと一息って感じになるとすぐに睡魔がやって来ます。

特に乗り物に乗るとあっという間にやって来ます。
新幹線はもちろん、飛行機なんて10時間以上爆睡してしまって、時差のある国に夜到着した日にゃあ更に時差!
もう眠れません。しかも機内食一回も食ってません。

そんな調子で(数年前に)ロンドンに着いた時には、朝6時まで眠れなくてTVで(日本の)プロレスやニュース見てました。
で、起きたら夕方。夜から夜です。
もう眠れません。しかたないから近所を徘徊。
ついでに食料と飲み物買い込んで、またテレビ。
結局時差ボケ解消するのに3日もかかってしまいました。
アホ?

心の中の妖精さんが「今寝たら気持ちいいよ〜♪」と囁く。
バイクに乗ってても何度か囁いてくれました。
その時、時速200km/hで走ってても眠れる自分を発見しました。
特に同じペースで走ってる仲間がいると、しかも夜はテキメンです。何キロで走ろうがテールランプが一定の距離にあるので、止まってる様な錯覚に陥ります。
ある意味飲酒運転より危険??

でも、高速道路での事故も起こした事ないし、免許証はゴールドだったりします。さ、そろそろ寝よう・・・。

Help! そりゃ助けてあげたい・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=VJ7yAIM7ZoQ

Sleeping Cutie  おぉ〜、かなり眠いんだ。しかし・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=oUkGf2wy3as&mode=related&search=

2006-09-29 01:51 in @nai's #

2006年9月28日 (Thu)

Detail work & Staple food is noodles?



詳細は書けないんだけど、昨日はいつもよりはるかに細かい作業でした。ホント細か〜い作業。ルーペが必要かも?と思うくらい。
ともかく無事提出。ふぅ。

朝なんだか肌寒かったんで、暖房入れちゃいました。
昼には切ったんだけど、オレって寒がり??
ま、そもそも寒がりではあるんだけど・・・。
やっぱり靴下はこう!

The Amazing Art of Julian Beever   楽しそうだね。
http://www.youtube.com/watch?v=dyPhCO3LrtQ

Sand Art- Beach おぉ〜!サンドアート
http://www.youtube.com/watch?v=9e39w5HRGQ8&mode=related&search=

OCEAN - Sand drawing
http://www.youtube.com/watch?v=fjmS_s57XrU&mode=related&search=

なんだかこの数日間、やたら麺類食ってる気がする。
ラーメン、ヤキソバ、パスタ、ビーフン・・・。
こんなんで大丈夫なの?米食おうよ米。

70〜80年代の歌謡曲聞いてたら、なかなかノリの良いお仕事が出来た気がしました。別にファンでもなかったのにヘビーローテーションで聞いてた曲ってあるのな。
そんな番組も多かったからかな?

70's and 80's JPOP singers
http://www.youtube.com/watch?v=GZ9owdYvVWw&mode=related&search=

http://www.youtube.com/watch?v=3BWZfqSivas

http://www.youtube.com/watch?v=oxm3-VcjGQk&mode=related&search=

あ、そろそろDollybirdの新刊が発売のようです。
今回は地味〜なお仕事やってます。
たぶんこの画像じゃないかと・・・。


2006-09-28 02:14 in @nai's #

2006年9月26日 (Tue)

Has become cool.



涼しくなっちゃいましたねぇ。雨降ってるし・・・。
さっさと暗くなっちゃうしね。

さて、昨日はお人形関係の友人紹介だったので、今日は映画業界。
周期的にお会いしてるヒトの一人に奥田瑛二さんがいます。
http://eijidokudan.blogzine.jp/dokudan/
最初に会ったのは1980年夏。「もっとしなやかにもっとしたたかに」のゲストとして湯布院映画祭に参加した時。
当時奥田さんは今ほどメジャーでなく、1976年に『円盤戦争バンキッド』の主人公・天馬昇役でデビューしたけど、その後パッとせず、やっと映画の仕事を掴み始めた頃だった。

その後、1986年のTVドラマ『男女7人夏物語』や映画で「海と毒薬」の主演をするようになってから、人気が急上昇。
1992年の「ありふれた愛に関する調査」の上映の時に再会し、その後なにかと声をかけてもらうようになったワケですな。

とにかく奥田さんとは酒を呑む事がつきものなので、毎回もれなく呑んでるんだけど、毎回名言を聞かせてくれます。
たとえば「さげまん」について。

『さげまんってのは、その女の資質じゃなくて選ぶ男の問題なんだよ。男が「この女とつき合うと楽だろうな〜」と思ってつき合った場合にさげまんにされる。「この女とつき合うために頑張らないと」と思ってつき合えば、その女は「あげまん」になるんだぞ。』

ほほぉ〜、では、奥田さんにとって和津さんは?と聞くと、「頑張ってねぇと許してくれないんだよ!」なるほど・・・。

更に人生設計というか、自分の年代別にきっちり目標決めてるヒトです。40代で主演男優賞を取りまくる。(これは「棒の哀しみ」で実現)50代で監督になる。これも実現。これから60歳になるまで5作品撮るそうです。なんだかこれも実現しそう。

新作(監督3作目)「長い散歩」は晩秋、渋谷Q-AXシネマほか全国順次ロードショー!
2006-09-26 19:32 in @nai's #

introduces the friend.



前回横山宏夫妻を紹介したので、ひきつづきお友達を紹介させていただきます。もっと以前は地元のアホ仲間を紹介したけどね。

まずは今年のアニバでコラボしたCHERRY MERRY MUFFINのSAKIちゃん。http://www.cherrymerry.com/
最初に会ったのは3年くらい前だったかな?
ブライスを中心としたお人形の世界では、カリスマ的存在なのに実はまだ20代前半だったりする神戸のお嬢さん。
お母さんとセットでお会いする場合が多いんだけど、この母さんも筋金入りの人形好きなので、ある意味純正培養されたお人形者なんだな。

ブライスのサイトを始めたのもかなり初期だったので、このサイトでいろいろ参考にした方も多いんじゃないかな。ポッと出の@naiも学ぶ事多いっす。
ともかく、人形というか、可愛いモノに対する感性・センスがいい上に自分の出来る事、出来ない事の区別をきっちり理解していて、マイペースで研究を重ねてどんどんスキルを上げていく賢明な姿勢は、尊敬に値します。いやマジで。


続いて「どすこい!お人形小物製作道」というか、Atelie Matinのまたん(Matin)さん。
http://yaplog.jp/atelier_matin/
http://pimika.sub.jp/
最初に会ったのは2年くらい前かな。
実はお固い本職を持つ@naiと同年代のおっさんです。はは。
初期は器用に人形サイズのソファーを作る職人さんかと思いきや、最近では芸に磨き(!?)をかけてPOPなグラサンや光線中、いや光線銃まで作っちゃってます。この作品に対するセンスや探究心はSAKIちゃんにも似ていて、@naiとはまた違ったものです。

しかも一緒に話しても食っても呑んでも楽しい。
引き出しの多いりっぱな大人です。いや、オレも大人ではあるんだけど・・・。
先日のドルショでは緊急コラボ。今後も一緒に遊んでもらいたいもんだ。


お話は変わって、今日は午後からチャリンコに乗って髪を切りに行って来ました。
ウチを出て井の頭を蛇行しつつ、最寄りのバイク屋さんに寄って車検のお話。三鷹を不審者の様にうろうろしつつ、太宰治と嫌われ松子でも有名な玉川上水にそって武蔵境。
髪切った。あ〜〜すっきりした。
2006-09-26 00:46 in @nai's #

2006年9月22日 (Fri)

The box is strapping!!!Vol.2



さっそく付属のレコードを聞いてみたよ。
A・B面聞いてみた・・・。これってアニバの時にかかってた曲なの??違うよね。インストなのでBGMに聞いてみようかな。

なんだかもっといろんなモノが付属してるみたいだけど、とりあえずこのままにしておこう・・・。
2006-09-22 18:28 in @nai's #

The box is strapping!!!



それにしても「ダーリングディーバ」の箱はデカイ・・・。
しかも開けても開けても箱が出て来るマトリョーシカ状態です。

レコードとディスプレイの背景が3種出て来たところで、まだまだ箱が出て来ます。
やっとプレゼントみたいな箱が出て来ます・・・。

更に中には3個の箱が・・・。
ここでブライス本体が出て来るんだな。ほほぉ・・・。
2006-09-22 18:26 in @nai's #

Cloudy weather



曇天っす。降りそうな降らなそうな・・・。
でも今日はお仕事の打ち合わせ。ま、部屋にいるからいいんだけどね。

我が家の入り口にある、でっかいキンモクセイが花を咲かせてます。香りが広がってていい感じ。

隣のWilliamsさん宅の前に、なかなか立派な蜘蛛の巣がはってるんだけど、気に入ってるのかず〜っとそのまま。
けっこう獲物にも不自由してなさそうです。
2006-09-22 18:24 in @nai's #

Work of type at night??



あぁ〜〜、最近めっきり夜型になっちゃった。
あ、カスタムの作業がってコトね。で、今晩5体目完成〜。
なんか腰が痛いわ・・・。

いつもカスタムは立って作業してるんですね。
PARCOの頃からの習慣だったり、座って仕事が出来ないからだったり、お料理作る感覚だったりという理由の様です。
たぶん座ってカスタムは出来ないと思う・・・。

で、昼間は「TEAM AMERICA」観ながら仕事してました。
これがまた、かなりのお下劣映画。子供は見ちゃいけません!
サンダーバードの進化した人形が大活躍(!?)のこの作品。
テロリストだと思われる連中がいる場所だったら、世界中に飛んで行ってやっつけます。 その周囲の文化財やモニュメントなんかも一緒に破壊しまくりです。それでもアメリカは世界の警察なんだよね。

現実もそうなんだけど、具体的にアメリカを非難しまくってるのは中東と北朝鮮。ここでも敵はこの国々。各国の首脳も組織のTOPも顔までそっくり(50%増で更に悪人顔)。

「サウスパーク」の劇場版より放送禁止用語満載で、人形どおしのHシーンなんて初めて見たけど、かなり笑える・・・。
当然ながら18禁ですが、気になる方は是非〜。

Team America Funny Movie Clips
DVDで日本語にして観ると更に笑えます。
http://www.youtube.com/watch?v=t5yduPNvGSc

TMX Elmo これ欲しい。
http://www.youtube.com/watch?v=oCmAD-z7-mA




2006-09-22 03:41 in @nai's #

2006年9月21日 (Thu)

paints and airbrush.



以前からエアブラシとかコンプレッサーとか、塗料についての質問を何度もいただくので、あらためてレクチャーしましょう。ヤマシロヤでも説明した内容です。
あくまでも@naiの方法論ですけどね。絶対にそうしなきゃいけないワケではないです。

@naiはメイクを全部Mrカラーでやりますが、それは溶剤が強い=揮発も早いため、早く乾く。結果的に作業が早くなる意味と、溶剤が強い場合プラスチックを溶かすチカラも強いわけですから、表面への定着力も高い。
もちろんエアブラシでエナメルやアクリルも塗れますが、揮発が遅いのですぐには次の作業にかかれません。定着力も弱いと考えていい。しかも乾燥するまでに室内のほこりやゴミも張り付く可能性も大きくなるワケですね。

更に基本的な塗料の性質を理解しないといけません。
たとえばアクリル〜エナメル〜ラッカー(Mrカラー)の順で溶剤が強くなります。
という事は、ラッカー(Mrカラー)をエナメルやアクリルの溶剤では溶かせないワケです。逆の順番だと一気に溶けます。
なので、早く揮発するMrカラーをエアブラシでチークやシャドーを塗り、マット(艶消し)でコーティングすると、その後でエナメルやアクリルを使いリップを塗った場合にリップを失敗して、(エナメル・アクリル)溶剤で拭き取ってもMrカラーは溶けない。ただし、拭き取る際にゴシゴシ磨く様にした場合は別です。

ティッシュにしろ繊維ではあるので、やみくもにゴシゴシ擦るとせっかく塗ったチーク等を磨き落としてしまいます。筆にエナメルやアクリルの溶剤を含ませて、失敗した部分を溶かし、ティッシュ等で軽く吸い取るように拭き取って下さい。

メイクにパステルを使用している方も多いようですが、その場合事前にメイクする部分を艶消しにして、パステルがのりやすい状態を作りますよね。
それでメイクが完了しても、パステルは物理的には定着していないので、更に艶消しスプレー等でコーティングしなければ、触るたびに徐々にパステルが剥げていきます。何度も修正したい場合や自信が無い場合は良いかもしれませんが・・・。
例えれば黒板に書いているチョークの様な状態ですね。

エアブラシがあれば艶消しのスプレーを使わなくても、もっと細かい粒子で仕上がりもキレイに、更に艶消しの程度も調節できます。
缶スプレーは所詮簡易的なものなので、粒子も粗いしキレイに塗れない。
エアブラシで塗った表面と比較すれば一目瞭然です。

Mrカラーで艶消しにする場合はフラットベース(艶消し剤)とクリヤーを
3:1〜4:1で混ぜ、更に溶剤で2倍に薄めて使用します。すぐに分離しますので
毎回使う前によく混ぜましょう。

さて、Mrカラーをエアブラシで塗装する場合は通常の場合、溶剤で2倍に薄めて使うんですけど、これはガンダムや車の様に真っ赤とか真っ白に塗りたい場合です。
ブライスの場合はチークでもシャドーでも「真っ赤」にしたいワケではなく、薄く暈していきたい。
その場合は3倍〜5倍に薄める必要がありますし、それだけ薄くなっている分だけ
エアブラシのノズルは細く絞らなければいけません。
更に、同じ場所に吹き続けるとムラになったり、今塗った部分に塗料を溜めてしまって、更にそれを拭いてる空気圧で吹き飛ばしてしまったりしてボロボロになってキレイには仕上がりません。
書道の時に薄い墨汁で字を書いている時みたいな感じですね。筆を止めるとにじんだり広がっていったりするのに似てます。

尚、「薄め液は使いすぎるとフェイスにひび割れができる」というのは、ティッシュや脱脂綿に染み込ませてメイクを拭き取る際に、たっぷり吸い込んだ状態で使ったり、何度もゴシゴシ拭いて、結果的に染み込ませている行為になった場合です。エアブラシで塗装する場合、霧になって対象に飛んでいる範囲の量だし、それまでの距離で揮発しているので、ヒビが入る事はありません。

以上でなんとなく理解できましたか?
塗料の性質とエアブラシのノズルの調整・要領、塗装する対象までの距離を理解すれば、自由自在に塗装する事が出来ます。何事も知識と訓練と経験ですから、慣れるまで頑張りましょう。

最後に、ここまでの説明は一般の模型店に聞いてもブライスには合わない答えをされると思います。人形のメイクというのは、通常の模型では必要無いレベルで薄くぼかして塗っていくので・・・。

2006-09-21 20:38 in @nai's #

Page 386/401: « 382 383 384 385 386 387 388 389 390 »